港南区・栄区版 掲載号:2022年1月1日号 エリアトップへ

(一社)神奈川県サッカー協会初の技術担当専任(現FAコーチ)を務める 中村 元彦さん 横浜市緑区三保町在住 50歳

掲載号:2022年1月1日号

  • LINE
  • hatena

「あきらめの悪い男」

 ○…指導者育成などの活動を行う技術担当専任(現FAコーチ)を全国のサッカー協会に配置する流れを受けて声が掛かった。26年勤めた教諭を退職し、県協会初の同職に就任。教諭時代に兼任してきたユースダイレクターに加え、サッカーにかかわる全カテゴリーの発展に尽力する。「学び続けることが大切。指導者も学んでいる人の方が魅力的でしょ」と持論を説く。

 ○…教諭時代にサッカー部の顧問を務めたのは秦野高校や厚木北高校など。多くの選手が地元出身でありながらも、名門クラブや県外から集まる強豪校と渡り合える、県を代表するチームへと成長させた。どんなに相手が強くても初めから負けると思って勝負に臨んだことは一度もない。「おれは選手を信じてたから」と一言。心残りなのはプロ選手を輩出していないこと。

 ○…川和高校2年時には県ベスト16入り。3年生は受験のため引退し、さらにサッカーを知る指導者もいない中、3年生がいる相手に1・2年生チームで躍進した。指導者がいれば―。そんな思いを抱き、サッカーも指導も学べる場として筑波大学を選んで教諭の道へ。「中学時代は身体も小さくて自信を失うこともあったし、大学は日本一のチームに所属していたものの、プロにはなれなかった」と順風満帆な選手生活でなかったことを明かす。

 ○…現在は、日本最高峰の指導者資格”S級ライセンス”に今期最年長でチャレンジ中。「眠れないほど悩む日々がある」と話す険しい表情がその難しさを物語る。「時間もできることも有限。何に時間を使うのが良いかは、皆分かるはず」と教諭時代を彷彿とさせる。自身の時間は、サッカーとその仲間、そして家族のためにある。

港南区・栄区版の人物風土記最新6

俵谷 香奈さん

第41回横浜開港祭の実行委員長を務める

俵谷 香奈さん

神奈川区在住 36歳

5月19日号

植木 美子さん

活動10年でこのほどNPO法人化した「てとてと陽だまり」の代表を務める

植木 美子さん

芹が谷在住 49歳

5月12日号

吉田 俊介さん

4月に40周年を迎えたサッカーチーム「横浜栄FC」代表を務める

吉田 俊介さん

磯子区出身 43歳

5月5日号

向山 康三さん

さくらプラザで年1回、写真展を開催するヨコハマセブンフォトの会長を務める

向山 康三さん

日限山在住 70歳

4月28日号

飯島 俊朗さん

4月1日付で栄消防署の署長に就いた

飯島 俊朗さん

栄区飯島町出身 59歳

4月21日号

遠藤 吟翠さん(本名:遠藤 敦さん)

5月に50年を迎える全日本新芸書道会の会長を務める

遠藤 吟翠さん(本名:遠藤 敦さん)

東永谷出身 57歳

4月14日号

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 5月5日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook