港南区・栄区版 掲載号:2022年4月28日号 エリアトップへ

さくらプラザで年1回、写真展を開催するヨコハマセブンフォトの会長を務める 向山 康三さん 日限山在住 70歳

掲載号:2022年4月28日号

  • LINE
  • hatena

各自の写真観 刻み込んで

 ○…「ほんの一枚の写真から喜びをもらえる」。年1回、さくらプラザギャラリーで写真展を開くアマチュアグループ「ヨコハマセブンフォト」。会員は18人。平均年齢は70歳前半。歴史は古く、設立は1954年にさかのぼる。当時、7人の有志で発足したことが名前の由来だ。「当会に脈々と引き継がれている個性的な作風の写真を展示します。ご高覧を」と笑顔を見せる。

 ○…月に1回例会を開く同グループ。各自が撮影してきた写真の品評を会員間で行い、年度で賞を出し、腕を上げている。「作品は風景、アート系など多種多様。会員には常に、『それぞれの写真観、喜びや不安を刻み込んで』と後押していています」。このほか、横浜美術協会(ハマ展)副会長などいくつもの会に所属し、写真の普及に尽力する。「人との交流を大切にしながら活動を続けています」

 ○…長野県生まれ。就職を機に上京。定年まで勤め上げた会社では品質管理、海外工場でのマネジメントなどを担当した。家族は妻と子ども3人。家事の手伝い、子育て共に「妻に任せてしまった」。主因はやはり写真。中学生から遊びでシャッターを切り始め、会社員になってから本格的にエンジンがかかった。「撮影や会の集まりに参加させてくれた妻には感謝しかありません」と恐縮しきり。

 ○…フィルムからデジタルへの移行は、写真の在りようを大きく変えたという。「何枚でも撮れ、自ら編集が可能となり、個性化が図れるようになった」。こうした技術的な躍進をグループでは積極的に取り込む。「いずれ新しいリーダーにバトンを渡し、さらにレベルアップを図れれば。私の写真人生は半世紀だが、まだこれから」と老いを感じさせない。

子母美の杜霊園(横浜市戸塚区)

平戸立体すぐ近く、大型駐車場あり。宗旨・宗派不問の霊園です。

http://www.daiki-s.co.jp/guide/index9.html

<PR>

港南区・栄区版の人物風土記最新6

三上 碧衣(あおい)さん

プロバスケチーム「横浜エクセレンス」のチアダンスアカデミーで講師を務める

三上 碧衣(あおい)さん

西区在住 26歳

6月30日号

矢島 康弘さん

令和4年度花き春季持寄品評会で最優秀の横浜市長賞に選ばれた

矢島 康弘さん

栄区田谷町在住 58歳

6月23日号

高岡 俊之さん

神奈川県弁護士会会長を務める

高岡 俊之さん

中区山手町在住 60歳

6月9日号

加藤 まゆみさん

港南台ジュニアバレーボールクラブの監督として県大会優勝を果たした

加藤 まゆみさん

港南台在住

6月2日号

神山 紅雲さん(本名:神山 嘉代子)

書道教室「群遊會」を主宰し、このほど10回目の書展を開く

神山 紅雲さん(本名:神山 嘉代子)

港南台在住 68歳

5月26日号

俵谷 香奈さん

第41回横浜開港祭の実行委員長を務める

俵谷 香奈さん

神奈川区在住 36歳

5月19日号

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook