港南区・栄区版 掲載号:2022年5月12日号 エリアトップへ

活動10年でこのほどNPO法人化した「てとてと陽だまり」の代表を務める 植木 美子さん 芹が谷在住 49歳

掲載号:2022年5月12日号

  • LINE
  • hatena

人と人とを「食」でつなぎ

 ○…「芹が谷に誰もが集える居場所を作りたい」――。そんな思いで活動を続けてきたコミュニティー「てとてと」。店舗を改装した拠点には、小さな子どもを連れた母親や高齢者がかわるがわる訪れ、その一人ひとりと笑顔で交流を続ける。町内会館やケアプラザで母親仲間とともに「親子ひろば」から開始した活動は10年の節目でNPO法人化し、新たなスタートを切った。

 ○…10年の間にさまざまな地域課題にもふれ、子育てと介護が同時期に重なる「ダブルケア」やフードドライブの支援にも向き合ってきた。活動は幅広いが、その中で中心は「食」といい、近隣への手づくり弁当の配達やおむすびの販売など「おいしく楽しく食べることで元気につながるし、誰かに食べてもらうのはうれしい」と語る。

 ○…戸塚区出身。活動のきっかけは長男が小学校に入った頃、街で見かけたある親子の姿。携帯片手に浮かない表情でベビーカーを押す母親の姿に、産後うつを経験した自身の「つらい子育て」を思い出した。「当時は地区センターで出会った母親仲間との日々に救われた。自分も何かできないかなって」。そんな思いで活動を続けてきたが、「誰かの居場所をつくるつもりが、それ自体私たちにとっても居場所になっていた」と話す。

 ○…てとてとのメンバーは現在約20人。「植木が頑張るから手伝うよ」。その言葉は少し前まで「もっと主体的に、同じモチベーションでいてほしいのに」と、もどかしくも感じていた。だが最近になって、ふと思い直したという。「一人ひとり、活動への思いやできることは違って当然。それなら私が看板を背負えばいいのかな」。暮らすまちに笑顔が増えたら――。そんな思いが背中を押している。

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

港南区・栄区版の人物風土記最新6

神山 紅雲さん(本名:神山 嘉代子)

書道教室「群遊會」を主宰し、このほど10回目の書展を開く

神山 紅雲さん(本名:神山 嘉代子)

港南台在住 68歳

5月26日号

俵谷 香奈さん

第41回横浜開港祭の実行委員長を務める

俵谷 香奈さん

神奈川区在住 36歳

5月19日号

植木 美子さん

活動10年でこのほどNPO法人化した「てとてと陽だまり」の代表を務める

植木 美子さん

芹が谷在住 49歳

5月12日号

吉田 俊介さん

4月に40周年を迎えたサッカーチーム「横浜栄FC」代表を務める

吉田 俊介さん

磯子区出身 43歳

5月5日号

向山 康三さん

さくらプラザで年1回、写真展を開催するヨコハマセブンフォトの会長を務める

向山 康三さん

日限山在住 70歳

4月28日号

飯島 俊朗さん

4月1日付で栄消防署の署長に就いた

飯島 俊朗さん

栄区飯島町出身 59歳

4月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月26日0:00更新

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook