中区・西区版 掲載号:2011年2月17日号
  • googleplus
  • LINE

「第5回横濱の祭禮囃子」を主宰する横濱里囃子とまやの代表 棚橋 誠さん 中区山元町在住 62歳

理論と情熱で繋ぐ伝統

 ○…祭りのにぎやかさを引き立てる笛や太鼓の音。江戸時代から続く祭礼囃子を、後世に残していこうという集まり「横濱里囃子とまや」の代表を務める。「指揮者も音譜もないから、メロディも間合いも演奏する人によって違う。そこが楽しいんだよね」とテンポの良い口調で囃子の魅力を語る。今月27日に横浜にぎわい座で行われる「横濱の祭禮囃子」は今年で5回目。弟子の稽古に始まり、公演の企画、運営、広報までも務める忙しい日々を送る。

 ○…中区山元町で生まれ育つ。幼い頃から祭りとなると胸が高鳴った。26歳の頃、近所の人に習い始めてから囃子にのめりこむ。「昔からね、とことん尽きつめる性格で、やるなら何でもトップレベルになりたいと思うんです」。自分の中で、技術も感覚も高まったと感じていた20年程前、「その時新しく師事した師匠に”君の笛はうるさい”って、天狗になりかけていた自分を否定されたんです」と、今でも忘れられない過去を振り返る。その経験が、現在の琴線に触れる囃子を生み出した。

 ○…定年退職までエンジニアとして勤め上げた。「定常状態から変化をつける。脳はその変化分に刺激を受けて、良い音楽と感じるんですよ」とその理論的な語り節にエンジニアらしい一面ものぞかせる。書斎の本棚には歴史書がズラリと並び、祭事史、郷土史にも精通。公演では自身でまとめた資料を使って祭礼囃子の歴史の解説も行うなど、豊富な知識が情熱に説得力を持たせている。

 ○…「健康な体で教えられるのもあと10年くらいだろうから、実は今ちょっと焦っているんですよ」と笑う。レクリエーション化しているという現代の囃子を、一つの芸能と残していくことが使命であり、それが日々の活力になっている。「人生一度きりだから、2回楽しまなくちゃ」。セカンドライフを楽しむその表情は、祭りを楽しむ少年のように期待に満ちている。
 

中区・西区版の人物風土記最新6件

福山 葉子さん

今年で開館40年を迎える「大佛次郎記念館」館長を務める

福山 葉子さん

3月15日号

中西 規真(のりまさ)さん

あす開幕戦を戦うサッカーJ3・YSCCのチームキャプテンに今季就任した

中西 規真(のりまさ)さん

3月8日号

山本 紀男さん

防犯のつどいを主催するNPO法人FBIの理事長を務める

山本 紀男さん

3月1日号

上田 ますみさん

東日本大震災復興支援コンサート「ふるさとをあきらめない」の実行委員会代表を務める

上田 ますみさん

2月22日号

小松崎 啓子さん

浅間台小学校で育つ夏みかんを使い、児童とのマーマレード作りを20年続ける

小松崎 啓子さん

2月15日号

藤田 善宏さん

関内ホール自主公演『ライトな兄弟』の作・演出・振付で文化庁芸術祭新人賞を受賞した

藤田 善宏さん

2月8日号

【横浜消防】減災行動のススメ

災害時の被害を少なくするための準備が「減災行動」。今日から我が家の対策を!

http://www.city.yokohama.lg.jp/somu/org/kikikanri/home.html

横浜市 消防団員募集中

学生や市内企業で働く方々も活躍中。地域の防災の担い手になりませんか。

http://www.city.yokohama.lg.jp/shobo/shouboudan/

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク