中区・西区版 掲載号:2011年10月20日号
  • googleplus
  • LINE

中西2区 高齢者事故、高止まり 今年も「多発地域」に指定

社会

高齢者宅を訪問
高齢者宅を訪問

 65歳以上の高齢者が関わる交通事故を減らすため神奈川県交通安全対策協議会(黒岩祐治会長)は、9月1日付けで県内の21市区町村を「高齢者交通事故多発地域」に指定。横浜市内では、中区と西区の2区が指定を受けた。

中区は5年連続

 高齢者交通事故多発地域に指定されたのは今年上半期で、高齢者が関係する交通事故の発生件数が、高齢者人口1万人当たり30件以上の市区町村と、全交通事故発生件数に占める高齢者交通事故の割合が30%以上の市区町村。中区では高齢者人口1万人当たりの高齢者事故が37・8件、西区では35・7件発生している(県下平均25・2件)。中区は5年連続、西区は3年連続の指定で、事故件数は高止まりしたままだ。

各署で対策

 これを受けて、指定地域となった中区内4署(伊勢佐木・加賀町・山手・水上)と西区戸部署の各署では、高齢者事故に関する広報啓発活動などを行い、事故防止対策を強化している。

 西区・戸部署では安全・安心まちづくり旬間の一環として、交通安全協会や交通安全母の会の会員らと協力し10月14日、高齢者居住世帯を訪問。この日は西区伊勢町の4軒をまわり、説明とともにチラシや反射材などのグッズを手渡した。同署では「西区の高齢者事故の特徴として、被害者だけでなく、運転をしていて加害者になるケースも多い。とにかく地道に情報発信していく」と話している。

 中区・加賀町署管内では、高齢者交通事故は今年に入り36件(9月末現在、概数)と昨年比7件減。街頭での呼びかけや、交通ルールを、エアロビクスをしながら覚える「トラビック」を自治会で実施するなど、工夫を凝らした対策に、「一定の成果もあがっている」と手応えを話す。

 一方で、繁華街の中心に位置する同署と伊勢佐木署では、他の地区に比べ圧倒的に、高齢タクシードライバーの事故が多いのが、事故数の数字を伸ばす要因にもなっている。各署では重点地域での交通監視の強化や交通安全教室を開くなどして、高齢者の交通事故防止を図っていくとしている。
 

中区・西区版のトップニュース最新6件

自治会に手作り頭巾贈呈

一本松小6年1組

自治会に手作り頭巾贈呈

3月15日号

「中区三師会」ロゴ決定

新規事業で回遊性向上

2018年度西区予算案

新規事業で回遊性向上

3月8日号

手書き新聞で商店街紹介

西前小6年生

手書き新聞で商店街紹介

3月8日号

松本心君(東小2年)が全国優秀賞

読書感想画中央コンクール

松本心君(東小2年)が全国優秀賞

3月1日号

学童保育 運営道のり険し

【横浜消防】減災行動のススメ

災害時の被害を少なくするための準備が「減災行動」。今日から我が家の対策を!

http://www.city.yokohama.lg.jp/somu/org/kikikanri/home.html

横浜市 消防団員募集中

学生や市内企業で働く方々も活躍中。地域の防災の担い手になりませんか。

http://www.city.yokohama.lg.jp/shobo/shouboudan/

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク