中区・西区版 掲載号:2011年11月10日号
  • googleplus
  • LINE

中区 震災想定し初の合同訓練 警察・消防に海保加わる

社会

閉じ込められた車内からけが人を救出する訓練などが行われた
閉じ込められた車内からけが人を救出する訓練などが行われた

 東日本大震災を教訓として、中区の南本牧ふ頭で11月3日、消防や警察、海上保安庁などが連携して初の大規模な震災対策訓練を行った。また、関係機関が情報共有を目的とした「震災対策研究会」を10月に立ち上げるなど、中区独自の対策も進んでいる。

 訓練は、相模湾を震源としたマグニチュード8・0の直下型地震が発生したと想定。パトカーや巡視艇が避難を呼びかけるパトロールを行うなか、地震の影響で海に転落した人を水難救助隊が助け出したり、横転した自動車に閉じ込められた人やコンテナの下敷きになったけが人をレスキュー隊が救助する訓練などが行われた。

 また、南本牧大橋が崩落して南本牧ふ頭が孤立することも考慮し、ふ頭内の企業の作業員たちが参加して巡視艇やヘリで避難する訓練が行われた。

 中消防署や県警・山手警察署、海上保安庁などがこのような大規模な合同訓練を行うのは今回が初めて。東日本大震災の発生を受けて「今まで以上の連携が必要」と行われた。中消防署の小出健副署長は「合同で訓練を行うことで見えてくる課題も多い。今後も連携し、大規模災害などに備えたい」と話した。

8機関連携し研究会

 中区では東日本大震災の発生を受けて独自の震災対策が進んでいる。

 中消防署の呼びかけで、中区役所や警察署(伊勢佐木、加賀町、山手、水上)、市港湾局、第三管区海上保安部の関係8機関が協力して「中区震災対策研究会」をこのほど立ち上げた。このような横断的な連携は全国でも珍しいという。

 この研究会は各機関の防災担当者が参加し、10月に初会合が行われた。中区役所の危機管理担当者は「震災対策でこれだけ多くの機関が協力するのは、横浜の中心部で海に面した中区ならでは。まずは”顔の見える関係作り”や情報共有を図っていきたい。そして、防災対策の見直しとともに、東日本大震災で大きな問題となった津波や帰宅困難者などの問題に対して、より効果的・効率的な対応策を検討していきたい」と話した。
 

中区・西区版のトップニュース最新6件

自治会に手作り頭巾贈呈

一本松小6年1組

自治会に手作り頭巾贈呈

3月15日号

「中区三師会」ロゴ決定

新規事業で回遊性向上

2018年度西区予算案

新規事業で回遊性向上

3月8日号

手書き新聞で商店街紹介

西前小6年生

手書き新聞で商店街紹介

3月8日号

松本心君(東小2年)が全国優秀賞

読書感想画中央コンクール

松本心君(東小2年)が全国優秀賞

3月1日号

学童保育 運営道のり険し

【横浜消防】減災行動のススメ

災害時の被害を少なくするための準備が「減災行動」。今日から我が家の対策を!

http://www.city.yokohama.lg.jp/somu/org/kikikanri/home.html

横浜市 消防団員募集中

学生や市内企業で働く方々も活躍中。地域の防災の担い手になりませんか。

http://www.city.yokohama.lg.jp/shobo/shouboudan/

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク