中区・西区版 掲載号:2011年11月17日号
  • googleplus
  • LINE

みなと総合高校 新作点心でプロに挑戦 中華街「美食節」に特別参加

教育

品評会に向けて朝から仕込みに励む生徒たち
品評会に向けて朝から仕込みに励む生徒たち

 横浜中華街で11月13日に行われた「美食節」の点心品評会に、中華街に隣接する市立みなと総合高校(宮崎健校長)が特別参加。生徒たちが考え出したオリジナル点心でプロの料理人たちに挑戦した。

 今年で4回目の「美食節」は、中華街の食文化発信を目的に行われているもの。13日に行われた「点心品評会」は各店舗の料理人が創作した自慢の点心を一般の参加者が食べ比べる恒例の人気イベント。

 みなと総合高校は、中華街の祭りに吹奏楽部が参加するなどこれまでにも交流があり、今回も中華街からの呼びかけで出品を決めた。プロの料理人以外で唯一の挑戦となった今回の点心を考えたのは、同校企画部に所属する1年生の女子生徒5人。生徒たちは研究のために中華街の店舗を回ったり、店舗の厨房で料理方法を習いながら「学生らしい新しい点心、手に持って歩けるもの」をテーマにレシピを考案。試作を重ねた結果、細切りにした牛肉をトマトや大葉と一緒にホワイトソースに絡めて春巻きの皮で包んで揚げた「モーモースティック」を作り上げた。創作には同校の小市聡副校長の紹介で、”高校生レストラン”としてテレビドラマのモデルにもなった三重県立相可高校の食物調理課の生徒も協力。品評会当日には同校の生徒も駆けつけて一緒に200人分の春巻きを作り上げた。

 特別参加となった生徒たちの点心の順位は未発表だったが、生徒代表の吉川佳奈さんは「中華街の厚意と三重県の相可高校の皆さんのおかげで、おいしい春巻きと素晴らしい体験ができました。今後も機会があれば地域の皆さんに食べてもらったり、お店と協力してオリジナル商品を作ってみたい」と話していた。
 

牛肉とトマトにホワイトソースを絡めて揚げた「モーモースティック」
牛肉とトマトにホワイトソースを絡めて揚げた「モーモースティック」

中区・西区版のトップニュース最新6件

自治会に手作り頭巾贈呈

一本松小6年1組

自治会に手作り頭巾贈呈

3月15日号

「中区三師会」ロゴ決定

新規事業で回遊性向上

2018年度西区予算案

新規事業で回遊性向上

3月8日号

手書き新聞で商店街紹介

西前小6年生

手書き新聞で商店街紹介

3月8日号

松本心君(東小2年)が全国優秀賞

読書感想画中央コンクール

松本心君(東小2年)が全国優秀賞

3月1日号

学童保育 運営道のり険し

【横浜消防】減災行動のススメ

災害時の被害を少なくするための準備が「減災行動」。今日から我が家の対策を!

http://www.city.yokohama.lg.jp/somu/org/kikikanri/home.html

横浜市 消防団員募集中

学生や市内企業で働く方々も活躍中。地域の防災の担い手になりませんか。

http://www.city.yokohama.lg.jp/shobo/shouboudan/

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク