中区・西区版 掲載号:2012年2月23日号
  • googleplus
  • LINE

資源ごみ 持ち去り被害が深刻 市内NPOが抑止対策

黄色い回収袋で被害防ぐ
黄色い回収袋で被害防ぐ
 市内で資源ごみの持ち去り被害が深刻化していることを受け、民間法人と行政が協力し、現在、独自の回収袋などを作成し、抑止対策に乗り出している。市会では罰則を盛り込んだ条例改正の動きもあり、民、官で問題解決に動き始めている。

 現在、横浜市内で行われている新聞、雑誌などの資源ごみ回収には『行政回収』と、自治会などの団体が業者と契約する『資源集団回収』がある。資源集団回収は、自治会などに回収量1kg当たり3円の奨励金が市から支払われ、活動資金などに充てられていることから、持ち去り被害は大きな問題となっている。

 市内の資源ごみ回収業者74社で作るNPO法人「横浜市集団回収推進部会」によると、2010年度で136件、今年度12月末までで65件の被害目撃件数が報告されている。

 これらの現状を受け、同法人では、実施団体名と集積所番号が書き込めるようにデザインした黄色い回収袋を作成。被害の多い青葉・神奈川・鶴見区の3区に昨年10月から試験的に配布。デザインには市民の持ち去り問題の意識を高めると共にごみの所有者をはっきりさせる狙いがある。

 既に回収袋を使用した青葉区の自治会によると、昨年度11月から1月の被害目撃件数が20件だったのに対し、今年度は1件と減少。「団体名をしっかり明記できることで、所有者をはっきりさせ、持ち去りにくくなったのでは」と話す。また、同法人は「持ち去りを見つけたら110番」としたポスターを昨年12月末、市内約200団体に配布し更なる抑止に努めている。

 現在、被害目撃時の通報は、行政・法人・警察などに分散されており、「目撃したらまずは、どこでもよいので通報をして欲しい」と同法人。今後は行政、警察などと連携し市民にわかりやすいシステム整備の強化を進めたいとしている。

条例改正の動きも

 市会では現在、資源循環局を所管する常任委員会で、持ち去り行為に対しての罰則を盛り込んだ条例改正案の上程を目指した動きもある。

 ある市会議員は「条例化の動きは、このような持ち去りを厳しく取り締まる体制に有効だと思う。NPO法人の積極的な活動を受けて、議会も動いている」と話している。

中区・西区版のトップニュース最新6件

小学校給食の値上げ検討

横浜市教委

小学校給食の値上げ検討

2月1日号

黄金町の団体に地球市民賞

老松中が文科大臣表彰

キャリア教育優良学校

老松中が文科大臣表彰

1月25日号

加入者数 目標の4割

ハマの自転車保険

加入者数 目標の4割

1月18日号

藤棚舞台の映画が誕生

1万4千戸「再生」へ

市営住宅

1万4千戸「再生」へ

1月11日号

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

銭湯の歴史を読み解く

企画展

銭湯の歴史を読み解く

開港資料館で31日から

1月31日~4月22日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月1日号

お問い合わせ

外部リンク