中区・西区版 掲載号:2012年3月29日号
  • googleplus
  • LINE

市政報告 平成24年度予算案を可決 民主党・横浜市会議員(西区) 荻原 隆宏

  3月23日の横浜市会本会議にて、平成24年度予算が確定しました。一般会計約1兆4100億円、特別会計約1兆3100億円、公営企業会計約5700億円、合わせて約3兆2900億円(対前年度比+1・6%)の予算となります。

 震災の教訓を生かした防災政策強化、H24年度内の待機児童ゼロを目指した保育所整備や放課後児童クラブへの支援等の子育て政策を強く意識した予算となりました。

予算と市会の関係は?

 予算とは、その年度に入る収入額を予測し、その額に見合った支出内容を決めるものです。行政が編成する予算案に対し、議会は年間を通じて次年度予算に反映すべき内容を伝えます。その結実が2月初旬に公表される予算案です。市会は、2月〜3月の約50日間、この案が本当に市民のためになっているかを審議し、最終的にOKとなれば、議会での可決に至ります。

収入は少なく、支出は多い地方

 国や自治体の収入を歳入、支出を歳出と呼びます。

 国と地方を合わせた税収入は74・9兆円(H21年度)。内訳は国が39・6兆円、地方は35・4兆円。そして歳出は国が71・3兆円、地方94・8兆円と、税収は国が少し多く、歳出は地方が大幅に多くなっています。

 収入が少ないのに支出が多い状態が続く地方が疲弊してしまうのは当然のことです。横浜市を含む全国の19政令指定都市が「特別自治市」制度の実現を主張するのも、借金体質から脱却し自律的な自治体運営を行うためには、国と地方の役割分担の見直し(権限移譲)と税財源の配分見直し(税源移譲)がどうしても不可欠だと考えるからです。

体質改善が必要

 地方の歳入に占める地方税収入は約4割。経済が滞ると国から地方へ戻される地方税も戻ってこない状態が続きます。その分、地方は借金を重ねることになり、横浜市がH24年度計上した市債は1327億円(対前年度+4・2%)です。市税総額(6961億円)と比してその大きさが分ります。そして横浜市の全会計市債残高は4兆4431億円。横浜は、借金体質改善の努力を毎年毎年、根気よく着実に続ける必要があります。
 

荻原隆宏

〒220‐0055 横浜市西区浜松町6‐20‐403

TEL:045-309-9044
FAX:045-309-9120

http://ogiwara-yokohama.com E-mail: tak@ogiwara-yokohama.com

中区・西区版の意見広告・議会報告最新6件

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

銭湯の歴史を読み解く

企画展

銭湯の歴史を読み解く

開港資料館で31日から

1月31日~4月22日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月1日号

お問い合わせ

外部リンク