中区・西区版 掲載号:2012年4月19日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市 LED電球交換に補助金 商店街の節電化を後押し

 横浜市は今年度から、商店街が管理する街路灯の「省エネ型電球への交換」に対する一部補助を開始する。東日本大震災による商店街の節電意識の高まりを受け、省エネ街路灯新設・改修のみだった補助対象が拡充した格好だが、一部商店会からはニーズに応えてないとの指摘も出ている。

 横浜市はこれまで地球温暖化対策実行計画の方針に基づき、商店街に、省エネ街路灯の新設、改修工事費の一部補助を行っていた。今回の補助は、東日本大震災後による電力供給不安を受けた商店会の要望から、補助対象を拡充したもの。

 震災後、間引き点灯や省エネ電球交換など、独自に節電に取り組む商店会もあったという。市経済局産業振興課は「電球交換の補助は行っていなかったが、独自に節電を行う商店会や、要望の声を多く受け今回の補助実施に至った」と話す。

 補助対象となる電球はLEDランプ、セラミックメタルハライドランプ、無電極放電ランプ、そのほか市が認めるランプへの交換。ランプ交換に要する費用の50%(上限額1基3万円/500万円まで)を、交換後5年間の点灯を条件に市が負担する。原則設置15年以内の街路灯が対象となる。

 今月から申請受付を開始。市は今月中に各区商店会に説明を行っていく。

 市によると、LED電球に交換すると年間電気料金は約3分の1に節約できる。LED電球の交換費用は補助を利用して1基3万円ほど。ある商店会は「初期費用が抑えられ、工事も簡単に済む。見積りを見て検討したい」と前向きだ。

約8割が対象外

 一方で、今回の補助は街路灯の現状を踏まえていないと指摘も出される。

 市内商店街街路灯の約8割は現在、設置から15年以上経過している(公社商連かながわ『平成22年度実態調査』)ため、全市内での補助対象は2割に満たず、多くの商店会では新設や改修による省エネ化が必要だ。

 藤が丘商店会(青葉区)は、設置から17年経った街路灯75基を市の補助を利用し、今年度に改修工事を行う。改修補助金額は1基6万円(上限500万円・工事費75%)。総工費1260万円のうち、800万円を商店会が負担する見込みだ。同会の金子治史会長は「街路灯改修、新設工費は負担が大きい。補助の増額も行ってもらいたい」と言う。

 市担当者は「商店会さんにより状況は異なる。改修補助の増額とは違う形で、商店街の負担を減らしていきたい」と話す。
 

中区・西区版のトップニュース最新6件

小学校給食の値上げ検討

横浜市教委

小学校給食の値上げ検討

2月1日号

黄金町の団体に地球市民賞

老松中が文科大臣表彰

キャリア教育優良学校

老松中が文科大臣表彰

1月25日号

加入者数 目標の4割

ハマの自転車保険

加入者数 目標の4割

1月18日号

藤棚舞台の映画が誕生

1万4千戸「再生」へ

市営住宅

1万4千戸「再生」へ

1月11日号

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

銭湯の歴史を読み解く

企画展

銭湯の歴史を読み解く

開港資料館で31日から

1月31日~4月22日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月1日号

お問い合わせ

外部リンク