中区・西区版 掲載号:2012年6月21日号
  • googleplus
  • LINE

がん患者支援イベント 今年は山下公園で開催 24時間リレーでアピール

社会

リレーで連帯感を養う(写真は昨年)
リレーで連帯感を養う(写真は昨年)

 がん患者や家族、支援者らが24時間歩き続けるチャリティーイベント「リレー・フォー・ライフ横浜」が9月15日、16日に中区の山下公園で行われる。6月1日には大会実行委員長を務めるアグネス・チャンさんが市役所を訪れ、林文子市長に協力を求めた。

 リレー・フォー・ライフは1985年にアメリカでがん患者支援のチャリティーイベントとして始まった。患者や家族、支援者、医師らがチームを組んでリレー形式で24時間歩き続け、支援を呼びかけながら、がんと闘う連帯感を養う。現在では世界20カ国以上で開かれ、日本でも06年から全国各地で行われている。

 横浜では、08年から日産フィールド小机(港北区)で開催されてきたが、5年目の節目となる今年は”横浜のシンボル”でもある山下公園を会場に行われる。

 イベントではリレー・ウォークの他に、がんで亡くなった人をキャンドルの光で偲ぶ「ルミナリエ」や、がんの早期発見や治療について学ぶ啓発活動も行われる。患者以外の参加者には1人1000円以上の寄付を募り、収益金は日本対がん協会を通じて患者の支援活動に充てられる。

 実行委員会では現在、リレーへの参加者、チームを募集している。申込み・問合せは実行委員会【電話】03・5218・4771まで。

アグネスさんもPR

 大会実行委員長を務めるアグネス・チャンさんが6月1日、市役所を訪れた。乳がんを早期発見で克服した経験を持つアグネスさんは「誰もががんになる可能性がある。多くの人に身近なことと考えてもらうきっかけになれば」と林文子市長に協力を依頼した。
 

協力を依頼するアグネスさん(右)
協力を依頼するアグネスさん(右)

中区・西区版のトップニュース最新6件

小学校給食の値上げ検討

横浜市教委

小学校給食の値上げ検討

2月1日号

黄金町の団体に地球市民賞

老松中が文科大臣表彰

キャリア教育優良学校

老松中が文科大臣表彰

1月25日号

加入者数 目標の4割

ハマの自転車保険

加入者数 目標の4割

1月18日号

藤棚舞台の映画が誕生

1万4千戸「再生」へ

市営住宅

1万4千戸「再生」へ

1月11日号

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

銭湯の歴史を読み解く

企画展

銭湯の歴史を読み解く

開港資料館で31日から

1月31日~4月22日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月1日号

お問い合わせ

外部リンク