中区・西区版 掲載号:2013年1月31日号
  • googleplus
  • LINE

中区役所 災害想定し訓練 民間企業等と協同

社会

避難訓練には緑ヶ丘高生も参加した
避難訓練には緑ヶ丘高生も参加した

 中区は「防災とボランティア週間」(1月15日〜21日)にあわせて、土砂災害時の避難と停電の際の情報伝達を想定した2つの訓練を実施した。

土砂災害避難訓練

 土砂災害避難訓練は1月16日に実施された。まず中区役所内で災害発生を想定した情報伝達や被害調査などを行った後、「避難勧告」を発令。根岸町で合同避難訓練が行われた。

 訓練には根岸町周辺の地域住民や民間企業、障害者施設関係者ら約120名が参加。警察や消防の誘導に従い、児童遊園地から避難場所の根岸森林公園まで要援護者の車いす介助などをしながら避難した。

 避難経路の中には狭い道や急な坂道もあり、電動車椅子での移動を途中で断念することになるなど、具体的な課題も見えた。根岸町自治会の大久保迪夫会長は「この辺りは海に近く、地震の際には津波の心配もあるので、大規模な避難訓練が実施できてよかった。今後も訓練を継続していくことが大切」と話した。

停電時情報受伝達訓練

 翌1月17日には「停電時情報受伝達訓練」が行われた。中区は昨年3月、災害が発生した際、区民に迅速な情報伝達を行うため、新聞配送業者の横浜東部読売会と印刷会社の内村印刷(株)、(株)モトマチと協定を締結した。

 今回の訓練はこれに基づくもので、同様の訓練が行われるのは市内でも初めて。当日は地震の発生により停電が発生したと想定。災害の発生と災害対策本部の設置を知らせる印刷物が中区役所に持ち込まれた後、新聞配達員によって地域に運ばれた。

 印刷物を受け取った山下町町内会の栗田繁夫会長は「災害時は情報の不足が不安を大きくする。山下町は高齢者が多い地域なのでこうした仕組みは心強い」と話していた。
 

印刷物を受け取る栗田会長(右)
印刷物を受け取る栗田会長(右)

桜木町駅前ホテル内のスイミング

ベビーから大人まで無料体験実施中!

http://www.breezbay-fit.co.jp

確定申告の季節です。

青色申告のことならなんでもお気軽に

http://www.yokohamaaoiro.com/

<PR>

中区・西区版のローカルニュース最新6件

本殿造営へ仮遷座祭

伊勢山皇大神宮

本殿造営へ仮遷座祭

2月15日号

小中学校生18人が入賞

中区明るい選挙推進作文コン

小中学校生18人が入賞

2月15日号

若手署員が壁面に

永年勤続者を新たに表彰

マラウイ代表が加入

サッカーYSCC

マラウイ代表が加入

2月15日号

平成のかさ地蔵

平成のかさ地蔵

2月15日号

フォンテーヌ クチュール

2/16~18 横浜そごう9階でウィッグ体験フェア。ご試着もいただけます

https://www.fontaine-wig.jp/fnavi/shop/introduction/175001

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地域デビューのきっかけに

講演会

地域デビューのきっかけに

23日、山崎亮さんが語る

2月23日~2月23日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク