中区・西区版 掲載号:2013年3月14日号
  • googleplus
  • LINE

みなと赤十字 本番想定し大規模訓練 受入れ体制や連携を確認

社会

トリアージにあたる医師ら
トリアージにあたる医師ら

 市立みなと赤十字病院で3日、大規模災害を想定した防災訓練が行われた。

 同院のほか市内各地の拠点病院の職員や赤十字奉仕団など300人以上が参加する大規模な訓練。当日は、マグニチュード7の地震が発生し、多くの傷病者が運ばれるという想定のもと、院内に対策本部やトリアージエリアを設置。情報収集や患者の避難、傷病者の受け入れ体制などを確認。屋上のヘリポートでは救助ヘリの搬送訓練も行われた。

 訓練を指揮した同院救急部の伊藤敏孝医師は「傷病者の重症度合の判断に時間が掛かったなど課題も見つかった。今後も他の病院や行政各部署と連携を図り、災害が起きた際にはできるだけ多くの傷病者を受け入れたい」と話した。
 

自治会町内会へ入ろう!

いざという時に一番の助けになる身近な存在、それが「自治会町内会」

http://www.naka-kurenkai.org/entry/

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

<PR>

中区・西区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク