中区・西区版 掲載号:2013年5月23日号
  • googleplus
  • LINE

二ツ目の落語に笑いの渦 中区初の「銭湯寄席」

社会

銭湯通いも趣味という演者の三遊亭時松さん
銭湯通いも趣味という演者の三遊亭時松さん
 「本牧ゆあそび館」(中区千代崎町)で5月16日、中区では初となる銭湯寄席が開かれた。演者は三遊亭一門の二ツ目、時松さん。湯上がりのくつろぎスペースに詰めかけた同館の常連客など約30人を前に、古典落語を2演目披露した。

 「花咲か爺(はなさんかじじい)」などの小噺で会場を暖めたところで、最初の演目は、銭湯を舞台にした「強情灸」。灸の熱をやせ我慢する江戸っ子を面白おかしく仕立てた内容で、実際に灸を据えられたかの様に苦悶する時松さんの表情に、参加者の注目が集まった。

 次に、茶の素人同士が青きな粉を使ったり、ムクの皮を使って泡をたてたりと、それでも「風流」とその場をやりきる人々の滑稽な姿を描いた演目「茶の湯」を披露。決して美味とは言えないムク入りの「きな粉湯」を、目を丸くして飲み込む時松さんの迫真の演技に、会場から笑いが絶えなかった。

 今回の寄席にあたって、時松さんは「わずかな料金で数時間ゆったりと過ごせる銭湯は好きですね」とその魅力を語っていた。

 落語を聞きに来ていた二見朝美さん(70)は「とても楽しかったわ。落語はテレビでたまに見るくらいだけど、こういった機会はうれしい」と笑顔で話していた。普段は銭湯に入らないが、「寄席があるから」と足を運んだ人も数多く見られた。

 今回の企画は、銭湯で月2回、体操などのレクリエーションを行う市浴場協同組合主催の「デイ銭湯」の一環。笑うことで健康増進につながればと、浴場組合と中区役所が企画し、横浜にぎわい座の協力を得て実現した。

自治会町内会へ入ろう!

いざという時に一番の助けになる身近な存在、それが「自治会町内会」

http://www.naka-kurenkai.org/entry/

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

<PR>

中区・西区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク