中区・西区版 掲載号:2013年6月20日号
  • googleplus
  • LINE

5月30日に神奈川県土地家屋調査士会の会長に就任した 岩倉 弘和さん 市内在住 53歳

神奈川の土地に向き合う

 ○…神奈川県内13支部883人の土地家屋調査士を束ねる。西区に事務局を構える同会で4年間副会長を務めたのちの就任で、周囲からの期待も大きい。「理事会のメンバーは若手も多く、それぞれ能力がある人ばかり。力を補い合い、行政とも連携を強めてこの仕事をより市民に親しみのあるものにしたいですね」と柔らかい表情を見せる。

 ○…家を新築する際など、土地や建物の測量・登記が必要なときに活躍する土地家屋調査士。「しょっちゅう利用するものではないからこそ、この仕事の認知を高め、信頼を得ていければ」と意気込む。同会では市民向けに相談会の実施や広報などを行う。「今後は依頼前にインターネットで事務所を調べる方が増えるでしょう。客観的に調査士の資質を判断できる仕組みを整えていきたい」と柔軟な姿勢をみせる。

 ○…鎌倉市に生まれ、祖父も父も土地家屋調査士だった。幼いころからその仕事ぶりを目にし、「炎天下でも汗だくになって地面を掘ったり。それでもミリ単位もくるわせてはいけない繊細な仕事。やりたくないと思っていました」と苦笑い。しかし大学に入学したころから次第にその魅力に惹かれ、猛勉強の末に24歳で国家資格を取得。以来この道一筋だ。「日中は外に出て、帰ったら図面をひいて。タフじゃないとできませんが、その業務の幅広さが魅力でもあります」と充実感をにじませる。また「土地の境界を見つけるのは、謎解きをするような感じで楽しいんですよ」とも。仕事と並行して、30代のころには青年会議所にも所属。夏祭りを取り仕切るなど、何事にも積極的な姿勢で周囲を巻き込み、引っ張ってきた。

 ○…趣味はスノーボードや急流を下るラフティングなど色々。「サーフィンやバンジージャンプにも挑戦したい」。現在も鎌倉に事務所を構えつつ会務にあたる忙しい日々だが、そのやる気としなやかさで神奈川の土地を切り開く。

自治会町内会へ入ろう!

いざという時に一番の助けになる身近な存在、それが「自治会町内会」

http://www.naka-kurenkai.org/entry/

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

<PR>

中区・西区版の人物風土記最新6件

大塚 眞司さん

県内オリジナル酒の即売会を主催した横浜酒販協同組合の理事長を務める

大塚 眞司さん

3月22日号

福山 葉子さん

今年で開館40年を迎える「大佛次郎記念館」館長を務める

福山 葉子さん

3月15日号

中西 規真(のりまさ)さん

あす開幕戦を戦うサッカーJ3・YSCCのチームキャプテンに今季就任した

中西 規真(のりまさ)さん

3月8日号

山本 紀男さん

防犯のつどいを主催するNPO法人FBIの理事長を務める

山本 紀男さん

3月1日号

上田 ますみさん

東日本大震災復興支援コンサート「ふるさとをあきらめない」の実行委員会代表を務める

上田 ますみさん

2月22日号

小松崎 啓子さん

浅間台小学校で育つ夏みかんを使い、児童とのマーマレード作りを20年続ける

小松崎 啓子さん

2月15日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク