中区・西区版 掲載号:2013年7月18日号
  • googleplus
  • LINE

中区障害者支援協議会 接し方ノートを作成 親の負担軽減めざす

社会

「楽しみながらオリジナルのノートにしてほしい」と青木さん
「楽しみながらオリジナルのノートにしてほしい」と青木さん
 中区新山下の障害者支援施設「みはらしポンテ」に拠点をおく中区障害者自立支援協議会の児童部会がこのほど、障害を持つ子どもの保護者向けに「とりあえずの接し方ノート」を作成した。

 このノートは災害や事故などの緊急時に、子どもを普段交流がない人や施設に預けなければならない場合を想定して作られたもの。同児童部会に所属する教員や区職員、地域の学校の保護者ら10人ほどが中心となって、昨年の3月から約1年かけて完成させた。

 内容は30ページにわたり、子どもの名前や持っている障害、コミュニケーションをとる際のコツなどの記入欄がある。現段階では、みはらしポンテのHP(ホームページ)から書式をダウンロード・印刷し、ファイルなどへとじて使用する方式だという。

 南区の中村特別支援学校PTA会長で、この取り組みのリーダーを務める青木弥生さんは「子どもが病院や施設を利用する際は、プロフィールや健康情報など、毎回同じような項目に記入する必要がある。このノートがあれば、時間が無いときでも渡すだけで的確な情報を知ってもらえるので、親の負担軽減にもつながる」と話す。

 また、このノートは就学前から学齢期までを対象としているため、就職後や親亡き後に備えた内容には踏み込んでいない。青木さんは「そこまで先のことは、記入する気にならない親もいると思う。これは気軽な気持ちで使っていただければ」と語った。

 現在は関係者を中心に口コミなどで冊子のPRを行っており、住んでいる地域に関係なく活用を広めていく予定だという。

中区・西区版のローカルニュース最新6件

90周年祝い式典

90周年祝い式典

2月1日号

バレンタイン盛り上げに一役

除雪に緊急出動

横浜建協

除雪に緊急出動

2月1日号

4商店街合同で初の集い

中区石川町

4商店街合同で初の集い

2月1日号

市職員表彰で最優秀に

”西郷どん”ひ孫が登壇

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

銭湯の歴史を読み解く

企画展

銭湯の歴史を読み解く

開港資料館で31日から

1月31日~4月22日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月1日号

お問い合わせ

外部リンク