中区・西区版 掲載号:2013年11月7日号
  • googleplus
  • LINE

市内初 西区に在宅医療相談室 安心の“自宅療養“めざす

社会

相談室には看護師2人が常駐する
相談室には看護師2人が常駐する
 西区医師会館内に横浜市内初となる「在宅医療相談室」が11月1日に開設された。急速に進む超高齢社会のなかで今後さらに増加する在宅医療ニーズへの対応が目的で、病院とかかりつけ医の結びつけや、医療・介護事業者間のコーディネートを行う。市では今回をモデル事業に、全区設置を目指してまずは今後5年間で5区に設置する方針だ。

 在宅医療相談室は、在宅医療・介護の連携拠点として横浜市と市医師会が協働で行うもの。目的は、かかりつけ医の積極的な在宅医療への参加や救急・夜間対応における医師らの連携体制の整備。また、入院施設を持つ病院と診療所の橋渡し役や、地域包括支援センターやケアマネージャーからの相談・支援、情報提供、広報活動などを行う。

 西区役所に隣接する相談室には看護師2人が常駐する。区内には現在、在宅診療を行う医療機関が29カ所あり、それを区内4つのエリアに分けて各地区にかかりつけ医のリーダーを置き、医師同士の連携・サポートを図る。

 開所式であいさつした西区医師会の進藤邦彦会長は、「高齢者に安心して自宅で療養してもらえるよう、地域に根差した質の高い医療を提供していきたい」と話した。進藤会長によると、行政と医師会が在宅医療で連携するのは全国でも例が少なく「日本の在宅医療のモデルとなるよう、地域全体で責任感を持って進めていきたい」と語った。相談室開所は祝日を除く月〜金曜の午前9時〜午後5時。

 横浜市によると、2012年に36万4千人だった75歳以上の人口は25年には58万6千人と1・6倍に、在宅医療を必要とする人は12年で1日に2800人のところ、25年には同5600人に倍増すると試算されている。

開所式であいさつする進藤会長
開所式であいさつする進藤会長

自治会町内会へ入ろう!

いざという時に一番の助けになる身近な存在、それが「自治会町内会」

http://www.naka-kurenkai.org/entry/

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

<PR>

中区・西区版のトップニュース最新6件

ごみ分別案内にAI導入

横浜市

ごみ分別案内にAI導入

3月29日号

今週末に開校

みなとみらい本町小学校

今週末に開校

3月29日号

震災の体験・いじめ知る

3.11復興支援講演会

震災の体験・いじめ知る

3月22日号

関内駅前に関東学院大

自治会に手作り頭巾贈呈

一本松小6年1組

自治会に手作り頭巾贈呈

3月15日号

「中区三師会」ロゴ決定

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク