中区・西区版 掲載号:2013年11月14日号
  • googleplus
  • LINE

「横浜アプリ」を開発しよう 公民連携でコンテスト

経済

公募説明会にはリバースプロジェクト代表で俳優の伊勢谷友介さんも駆けつけた
公募説明会にはリバースプロジェクト代表で俳優の伊勢谷友介さんも駆けつけた
 横浜での日常生活を便利で楽しくするアプリコンテスト「YOKOHAMA Ups!」が始まっている。

 これは、デジタルハリウッド大学大学院、(株)パソナテック、(株)tvkコミュニケーションズ、(一社)リバースプロジェクトと横浜市の公民連携で行われるコンテスト。横浜市の未来を担う若者や豊かな知識・経験を持つ高齢者、市内企業などのアイデアとスキルを持ち寄り、「スマートフォンやタブレット端末のアプリケーションソフト」という形で市民生活を向上させようと企画されたもの。

 募集部門は、具体的なアプリ開発を募集する「アプリ開発部門」と、アプリ開発スキルがなくても応募できる「アイディア部門」。プロ・アマ、個人・法人の別は問わない。

 「横浜の魅力を発信するアプリ」「市民の利便性を向上させるアプリ」など、自由な発想での提案を募集している。

実用化の可能性も

 最優秀作品の応募者には開発部門で副賞50万円、アイデア部門で副賞5万円などを贈呈。応募作品の実用化も検討される(諸条件あり)。

 応募締切は開発部門が12月9日(月)、アイデア部門が2014年2月28日(金)(どちらも必着)。詳細・応募はコンテストHP(http://jobhub.jp/camp/yokohama-ups)。

自治会町内会へ入ろう!

いざという時に一番の助けになる身近な存在、それが「自治会町内会」

http://www.naka-kurenkai.org/entry/

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

<PR>

中区・西区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク