中区・西区版 掲載号:2014年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

1100年続く包丁式

文化

 三溪園=中区本牧三之谷=にある横浜市指定有形文化財「鶴翔閣(かくしょうかく)」で1月2日、五穀豊穣と感謝の気持ちをこめる荘厳な儀式「包丁式」が披露される。午前11時と午後2時の2回。

 右手に包丁、左手にまな箸を持ち、まな板の上に置かれた食材を一切手を触れずにさばく。現在も、この伝統的な儀式は料理人たちによって受け継がれている。

 10年以上、正月に同所で式を執り行っている「四條心流会」=中区=の会長代行・島田和気男さん(57)は「起源は平安朝。今からおよそ1100年前にさかのぼる」と話す。今年の式題は「宝船之鯛」。鯛の頭を船首、尾を船尾に、表身で「宝」の文字を描く。裏身に切り込みを入れ波を表す様子は圧巻という。

自治会町内会へ入ろう!

いざという時に一番の助けになる身近な存在、それが「自治会町内会」

http://www.naka-kurenkai.org/entry/

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

<PR>

中区・西区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク