中区・西区版 掲載号:2014年1月16日号
  • googleplus
  • LINE

みどり税 5年間延長へ 総額130億円見込む

 市内の緑地保全などに役立てられている「横浜みどり税」が4月から5年間、延長されることが12月議会の承認を経て決まった。課税額は市民税の均等割に上乗せされる形でこれまで同様に年間、個人が900円、法人は均等割額の9%相当。一方、市民の半数がみどり税を認知していないという調査結果もあり、横浜市会は、より一層の周知徹底を市に求めている。

 みどり税は、市域の緑地減少に歯止めをかけようと5年間の時限措置として市が09年度に導入したもの。税収は、市の緑化保全施策「横浜みどりアップ計画」(09年度〜5カ年)の財源の一部に充てられてきた。同計画の事業費522億円のうち、みどり税は96億円。

 みどり税を活用して取得した樹林地は4年間で50・7haにのぼる。その他にも、4年間で「市民の森」などの572haの管理や街路樹延べ約5万本のせん定などに活用されてきた。

認知度低さ課題

 今年3月の課税期間終了を前に市は、今後も緑地保全の安定的財源を確保するため、12月議会にみどり税延長の条例改正案を提出、可決された。ただし引き続き市民に負担を強いることから、市会では市に対し周知徹底と効果実感の工夫などを図るよう条件を付けた。

 実際、12年8月に市民および樹林地・農地の所有者計1万1332人を対象に実施された意識調査(回収率36・9%)では、約5割がみどりアップ計画およびみどり税について「初めて知った」と回答しており、その認知度の低さが課題だった。市税制課では環境創造局と協力して「広報紙や納税通知書などをはじめ、市のイベントなどに出向き広報に努めたい」と話す。

 また、これまで実施していた赤字法人に対する免税措置が廃止されることも決まった。これは、リーマンショック後の例外的な措置であり、緑の保全・創造による受益は、個人・法人に広くおよぶとの理由からだ。これにより、5年度分の税収約105億円(法人の納付年度ずれにより実際は約99億円見込)に対し、14年度からの5年度分は25億円増の約130億円と見積る。

 市は、14年度から5年間の緑化保全施策として「これからの緑の取組」(案)を公表しており、税収は、同取組の財源の一部として活用される。

自治会町内会へ入ろう!

いざという時に一番の助けになる身近な存在、それが「自治会町内会」

http://www.naka-kurenkai.org/entry/

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

<PR>

中区・西区版のトップニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク