中区・西区版 掲載号:2014年2月6日号
  • googleplus
  • LINE

大鳥小 畳職人が技を披露 全国から10人28畳を張り替え

社会

職人技に見入る児童たち
職人技に見入る児童たち
 中区本郷町「海老名畳店」の店主、吉野裕一さん(48)=人物風土記で紹介=がこのほど、市立大鳥小学校に畳の表面に縫い付けるござ「畳表」28畳分を寄贈した。その畳表を使い1月27日から3日間、吉野さんをはじめ全国から集まった畳職人有志10人が、児童の前で畳替えを行った。

 吉野さんは代々続く老舗畳店の4代目で、同校の卒業生。10年程前、吉野さんの2人の子どもが同校に通っていた際にPTA会長を務め、その当時にも畳を寄贈したことがある。吉野さんは友人で後任の笹原延介前会長から「最近学校の畳が傷んでいると聞いて、2回目の寄付を決めた」という。

 今回贈られた畳表は、本格的な和室に使用される熊本県産の高級品。校内の多目的ルームの28畳全てを張り替えるため、吉野さんが所属する畳職人のネットワーク「畳屋道場」のメンバーに協力を呼び掛け、北は岩手、南は鹿児島から計9人が当日駆け付けた。

 張り替えはほとんどが手作業なため、1枚1時間以上かかる。作業は児童たちに公開され、クラスごとに全校生徒約520人が見学に訪れた。子どもたちは部屋に入ると「良い匂い」と声を揃え、畳用の包丁や針、長い定規などを使いながら目の前で披露される職人技に、珍しそうに見入っていた。

 同校の藤原雅二校長は「色も香りも素晴らしく、本当にありがたい。授業やお楽しみ会に使う部屋ですが、今後は保護者や地域の方にも使って頂く機会を増やせたら」と語っていた。

自治会町内会へ入ろう!

いざという時に一番の助けになる身近な存在、それが「自治会町内会」

http://www.naka-kurenkai.org/entry/

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

<PR>

中区・西区版のトップニュース最新6件

ごみ分別案内にAI導入

横浜市

ごみ分別案内にAI導入

3月29日号

今週末に開校

みなとみらい本町小学校

今週末に開校

3月29日号

震災の体験・いじめ知る

3.11復興支援講演会

震災の体験・いじめ知る

3月22日号

関内駅前に関東学院大

自治会に手作り頭巾贈呈

一本松小6年1組

自治会に手作り頭巾贈呈

3月15日号

「中区三師会」ロゴ決定

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク