中区・西区版 掲載号:2014年2月20日号
  • googleplus
  • LINE

中央図書館が20周年 22日に記念講演会

パネル展では「話題になった本」も陳列される
パネル展では「話題になった本」も陳列される

 西区老松町の横浜市中央図書館が、2月22日で開館20周年を迎える。

 それを記念して当日、図書館開設当時に運営の検討委員会メンバーを務めた評論家の津野海太郎さんによる講演「本のこれから・本とこれから〜出版・本・図 書館のゆくえ」が地下1階ホールで行われる。午後2時から4時までで聴講無料。また、23日から3月7日まで、20周年の歩みを貴重な資料で振り返る「パ ネル展」も実施される。

 中央図書館設置は、1986年の基本構想委員会により具体化し、9年の歳月を経て完成する。

 中央図書館の誕生により、市内全館がネットワークでつながり、図書館カードも全館共通化、蔵書379万冊(うち中央図書館154万冊)の内容および貸出 中などの状況が一元管理となった。どの図書館からも蔵書の取り寄せおよび返却が可能になり、利用者の利便性が向上した。

95年に1区1館

 市立図書館は、54年の磯子開館まで30年近く野毛の「市図書館」(27年開館)のみの時代が続いた。その後、順次1区に1館が開設されるようになり、 その流れの中で中央図書館も計画される。95年には、都筑と緑の両区に図書館が完成し、全区1館を実現。現在、青葉区の山内図書館のみ指定管理で運営され ている。

 中央図書館企画運営課では「中央が中枢の役割を担うことで、全館の利便性が向上しました。全館の年間利用者数は815万人あまりで多くの人が利用する公共施設と言えます」と話す。

 22日の記念講演会に関する問合せおよび申し込みは同図書館【電話】045・262・0050。
 

自治会町内会へ入ろう!

いざという時に一番の助けになる身近な存在、それが「自治会町内会」

http://www.naka-kurenkai.org/entry/

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

<PR>

中区・西区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク