中区・西区版 掲載号:2014年2月27日号
  • googleplus
  • LINE

三菱MM技術館 宇宙船開発ブースを新設 3Dプリンタで設計体験

教育

オープン前日には会員向けに体験会も=22日
オープン前日には会員向けに体験会も=22日
 日本の科学系博物館では初となる設計体験と3Dプリンタを組み合わせた宇宙船開発の体験コーナーが2月23日、三菱みなとみらい技術館にオープンした。内容は、月面資源採掘船の開発に挑戦する「スペース・プロジェクト」で、実際に設計した採掘船を3Dプリンタで出力することもできる。

日本初の取り組み

 今回の新たな取り組みは、同館内の「トライアルスクエア」の一部を5年ぶりリニューアルしたもの。これまでは船や航空機の設計や操縦、自動車などの製作体験コーナーがあった。

 リニューアルした新コーナーには、2種類の体験ブースがあり、12人が1チームとなって月面資源掘削船を設計する「ミッション・ラボ」、もう1つは、掘削船のエンジンやタイヤ、センサーなどの部品を自由に選び、自分だけの船を設計できる「カスタム・ラボ」がある(いずれも有料)。

 「ミッション・ラボ」では、一人ひとりがタブレット端末を使い異なる部品の設計を担当。その過程は、すべて前面の大型画面に表示され、最終的に12人合作の掘削船が表示される。その後、掘削船を月面飛行させて未知の鉱物「エバリューム」掘削に向かうというアトラクション付き。

 「カスタム・ラボ」では、親子などでオリジナルの掘削船を設計し、そのデザインを3Dプリンタで作成できる(8時間ほどかかるため後日郵送)。

「子どもに夢を」

 この「スペース・プロジェクト」は2020年の近未来の設定となっている。同館によると、小学生がエンジニアになれる年齢を考えた設定という。

 同館を運営する三菱重工は、宇宙開発の未来を切り開く月面利用計画を提唱しており、新コーナーでの体験を通して、「宇宙事業に関わりたいという夢を子どもたち与えられたら」(同館)と話している。

自治会町内会へ入ろう!

いざという時に一番の助けになる身近な存在、それが「自治会町内会」

http://www.naka-kurenkai.org/entry/

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

<PR>

中区・西区版のトップニュース最新6件

ごみ分別案内にAI導入

横浜市

ごみ分別案内にAI導入

3月29日号

今週末に開校

みなとみらい本町小学校

今週末に開校

3月29日号

震災の体験・いじめ知る

3.11復興支援講演会

震災の体験・いじめ知る

3月22日号

関内駅前に関東学院大

自治会に手作り頭巾贈呈

一本松小6年1組

自治会に手作り頭巾贈呈

3月15日号

「中区三師会」ロゴ決定

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク