中区・西区版 掲載号:2015年8月6日号
  • googleplus
  • LINE

6月にメジャーデビューしたアコースティックユニット「サンドクロック」の 滝田 周さん 金沢区出身 29歳

盟友得て約束の舞台へ

 ○…「メジャーデビューして帰ってきます」―音楽の道を志した5年前に、そう宣言した地元金沢区でのイベント。相方の永田佳之さんを連れ、今夏、「サンドクロック」として約束の舞台に立った。

 ○…地元の「並木がすごく好き。ふっと息を抜ける場所」と柔らかに笑う。毎朝、船の汽笛を聞いて目覚める海辺の街で小中高と野球に明け暮れた。その傍ら、密かに抱いた歌への憧れ。「部屋でこっそり布団で口を押さえて練習していた」。父親が教鞭をとる緑ケ丘高校に入学後、同級生が面白半分で薦めた校内のカラオケ大会で優勝。「校舎の窓から見ていた父が一番驚いていた」と笑う。慶応大学卒業を目前に控え、音楽への思いが再燃。「どこまでできるか確かめたい。怖いというよりわくわくした」

 ○…キーボードを相棒に八景島駅で歌い始めた。アルバイト後に真夜中の海で鍵盤を叩き、10人ほどの友人を前にライブハウスで歌う日々。「甘かった。いつか声をかけられると思っていた」と振り返る。曲に個性がないと評価されることも。「新しい価値観を取り入れないと進めないと感じていた」。永田さんと出会ったのはそんな時。「音楽性も人間性も真反対。一曲ずつ紹介して歌う僕と違い、ふらっと来て歌いだすような」。新たな世界に戸惑うも惹かれ合い、2つの個性が豊かに調和しだした。

 ○…伊勢佐木町で始めた毎週火曜の路上ライブは2年間、台風の日も必ずたった。演奏できずともそこに居る意味がある。「日常が上手くいかない人が足を止めてくれることも多い。ちょっとでも力になれたら嬉しい」と真っすぐ話す。「元気がでた」「火曜が生きがいになった」―ぽろぽろこぼれる涙と言葉を、胸にしまってある。だからこそ「落ち込む人の心に入る音楽を作りたい」。横浜出身の誇りも忘れたくない。音楽に憧れる人が「同じ横浜なら自分も頑張ってみようと思うような存在になれたら」

桜木町駅前ホテル内のスイミング

ベビーから大人まで無料体験実施中!

http://www.breezbay-fit.co.jp

確定申告の季節です。

青色申告のことならなんでもお気軽に

http://www.yokohamaaoiro.com/

<PR>

中区・西区版の人物風土記最新6件

小松崎 啓子さん

浅間台小学校で育つ夏みかんを使い、児童とのマーマレード作りを20年続ける

小松崎 啓子さん

2月15日号

藤田 善宏さん

関内ホール自主公演『ライトな兄弟』の作・演出・振付で文化庁芸術祭新人賞を受賞した

藤田 善宏さん

2月8日号

栗原 清剛さん

浅間台小で行う環境学習が文部科学省から表彰された、(有)マルニ商店常務の

栗原 清剛さん

2月1日号

加瀬 泰さん

横浜市民ミュージカルの原作である短編映画『アクアの肖像』を手がけた

加瀬 泰さん

1月25日号

黒沢 博さん

初の主演映画『30年目の本気』が完成した、元ヒロシ&キーボーのヒロシこと

黒沢 博さん

1月18日号

六川 光さん

「生たまご生プリン」が県名菓展菓子コンクール最優秀賞に輝いた

六川 光さん

1月11日号

フォンテーヌ クチュール

2/16~18 横浜そごう9階でウィッグ体験フェア。ご試着もいただけます

https://www.fontaine-wig.jp/fnavi/shop/introduction/175001

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地域デビューのきっかけに

講演会

地域デビューのきっかけに

23日、山崎亮さんが語る

2月23日~2月23日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク