中区・西区版 掲載号:2015年10月15日号
  • googleplus
  • LINE

寿町総合労働福祉会館 建替前、最後のコンサート 住民ら惜しむ声も

社会

参加者と手拍子で盛り上がるコンサートの様子
参加者と手拍子で盛り上がるコンサートの様子
 寿町総合労働福祉会館建替え前の最後となる「ことぶき防災コンサート」が10月8日、同会館前広場で行われた。2016年4月から工事に入るため、同所での開催は3年間中断される。寿町の住民からは惜しむ声も聞かれた。

 今回で10回目の開催となった同コンサートは、寿地区自治会や(公財)寿町勤労者福祉協会、中消防署などの協力ではじまった。

 10年ほど前、会館前の広場には路上生活者がおり、冬には焚火がたかれるような状況だった。同協会は寿地区に住む誰もが利用できる広場にしたいと、対策を練っていたという。そんななか、当時の中消防署予防課長が同地区の防災啓発を図りたいと、広場を使ったコンサートと防災意識を高める企画などを提案し、開催する運びとなった。路上生活者が関係団体の協力で住まいを確保したうえで広場は開放され、現在はイベントなどの際に使用できるようになっている。

 会場の設営は住民の手によるもの。寿町にあるアルコール依存症の人のための回復施設「第2・第3アルク」や、就労意欲を維持させることを目的にした「仕事チャレンジアシスト事業」の参加者などが中心となって、防災啓発のための横断幕や会場の椅子などを準備している。

 当日は、市消防局音楽隊が「となりのトトロ」や石川さゆりの「天城越え」など全7曲を演奏し、会場からは曲のリズムに合わせて手拍子が起きるなど、演者、参加者が一体となって会場を盛り上げたほか、最後には消火器の使用法紹介も行われた。昨年もコンサートを聞きに来たという寿町に住む男性(66)は「童心に帰った感じで楽しかった。最後になるかと思うと寂しい」と話していた。

来年以降は検討

 同自治会の佐藤眞理子事務局長(63)は「地元の方の協力で10回目を迎えられた。3年間中断すると、再開は難しいかもしれない。今後についてはいろいろな方と話し合いながら検討していきたい」と話す。

桜木町駅前ホテル内のスイミング

ベビーから大人まで無料体験実施中!

http://www.breezbay-fit.co.jp

確定申告の季節です。

青色申告のことならなんでもお気軽に

http://www.yokohamaaoiro.com/

<PR>

中区・西区版のトップニュース最新6件

部活休養日、週2以上へ

横浜市立中

部活休養日、週2以上へ

2月15日号

福富町店、50年の歴史に幕

たんめんの「一品香」

福富町店、50年の歴史に幕

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

振り込め詐欺被害、拡大中

小学校給食の値上げ検討

横浜市教委

小学校給食の値上げ検討

2月1日号

黄金町の団体に地球市民賞

フォンテーヌ クチュール

2/16~18 横浜そごう9階でウィッグ体験フェア。ご試着もいただけます

https://www.fontaine-wig.jp/fnavi/shop/introduction/175001

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地域デビューのきっかけに

講演会

地域デビューのきっかけに

23日、山崎亮さんが語る

2月23日~2月23日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク