中区・西区版 掲載号:2016年3月24日号
  • googleplus
  • LINE

平沼小 卒業記念に和菓子づくり 地元商店が協力、商品化も

教育

鈴木さんから色付けを教わる児童
鈴木さんから色付けを教わる児童
 子どもたちが考案した和菓子を、卒業の思い出に一緒につくる―。そんな取り組みが平沼小学校で3月15日に行われた。

 これは、同校6年1組(35人)の総合学習の一環。地域への感謝の気持ちを込めて、商店街の活性化につながる商品をつくろうと平沼商店街の老舗「寿々喜家」の協力を得て実施された。

 事前に子どもたちが考案した和菓子の名は「平沼日和」。桜の花びらをあしらったかわいらしい練り菓子だ。すでに同店で商品化されており、1個200円で5月ごろまで販売している。

 商品化までは時間をかけた。児童による約40のアイデアをもとに話し合い2候補に絞る。同店にその2つの試作品を用意してもらい、全校アンケートも実施して、さらに議論を重ね多数決で決めたという。

 15日の和菓子づくりでは、同店の鈴木昌次さんが講師をつとめ、色の付け方から桜の花びらづくりまで、子どもたちは全工程に挑戦。子どもたちは「お餅が手にくっつく」などとはしゃぎながらも和菓子づくりに熱中していた。鈴木さんが「200円で売れるかな」と質問すると「僕のは2万円以上、気合が入ってる」と元気に話す児童もいた。

 担任の星野敦史教諭は、和菓子づくりを通して「十分な議論を重ねた上で物事を決める多数決の意味や、商売の大変さなどを学んでほしい」と話していた。講師を務めた鈴木さんは「子どもとたちと触れ合うことで、和菓子のデザインなどとても勉強になりました」と語った。

和菓子「平沼日和」
和菓子「平沼日和」

海野歯科医院【黄金町・阪東橋】

歯科口腔外科の専門医であり、顎関節症の治療が得意です!

http://www.umino-dc.com/

池野歯科医院(中区竹之丸55)

高齢者など病院に行けない方のために、訪問歯科診療を行っています!

http://ikeno-shika.com/

<PR>

中区・西区版のローカルニュース最新6件

林市長に地域の魅力、熱弁

本牧の街づくり団体

林市長に地域の魅力、熱弁

6月7日号

想い出は永遠に

想い出は永遠に

6月7日号

全国出場のナポリタン販売

富士スーパー

全国出場のナポリタン販売

6月7日号

高齢運転者の支援充実へ

鷺竹が連覇達成

鷺竹が連覇達成

6月7日号

食品ロス削減を啓発

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年6月7日号

お問い合わせ

外部リンク