中区・西区版 掲載号:2016年4月7日号 エリアトップへ

「オール横浜」で施策推進 林市長、新年度の決意語る

政治

掲載号:2016年4月7日号

  • LINE
  • hatena
インタビューに答える林市長
インタビューに答える林市長

 2016年度のスタートにあたり、本紙では林文子市長にインタビューを行った。林市長は中期4か年計画の折り返しとなる新年度を「横浜の未来のカギを握る年」と位置付け、市民、企業、行政が一体となった「オール横浜」で施策を推進したいと決意を語った。

 総額1兆5143億円、前年度比1・3%増のプラス予算となった一般会計予算について林市長は、「細かな検証に基づいて策定した無駄のない予算」とし、「人の力の発揮支援、経済の活性化、にぎわいづくり・まちづくりの3つを柱に、横浜のさらなる発展に必要な施策をしっかり盛り込んだ」と自信をみせた。

国内外に魅力発信

 重点施策としては「都心臨海部や山下ふ頭の再整備」をあげ、「市庁舎移転に伴う関内・関外地区の活性化についても方向性を定めたい」と戦略的なまちづくりを進める考えを示した。

 観光MICEでは、パシフィコ横浜隣接地に建設する新MICE施設の整備を進めるほか、来年開かれる「全国都市緑化フェア」「アジア開発銀行(ADB)総会」「横浜トリエンナーレ」を国内外に横浜の魅力を発信できる好機と捉え、「にぎわいを創出できるよう準備していく」と意気込みを語った。

外資系企業を誘致

 米アップル社の技術開発拠点建設や資生堂グローバルイノベーションセンターの横浜進出などの成果が出ている企業誘致については、「引き続き力を入れ、特に外資系企業の誘致を増やしたい。誘致のためのシンポジウムやセミナーには私自身も積極的に参加していきたい」とトップが率先して取り組む姿勢を示した。

インバウンド対策も

 19年ラグビーW杯決勝戦開催や20年東京五輪・パラリンピックなどで、訪日外国人の来街がさらに増加することを見据え、16年度予算では新たに「商店街インバウンド対策支援事業」を計上。「専門家によるセミナーを開催するほか、外国語対応や免税店手続きを希望する商店に対し、助言やコンサルティングを行う」と支援策を説明した。

 また、市内に8300カ所ある無料のWi-Fi環境を拡充。市営地下鉄全40駅や市バス全800車両にもアクセスポイントを整備していくとした。

働く女性を積極支援

 新年度予算では、女性の活躍支援に取り組む企業に対する「公共調達の優遇措置」や「事業主行動計画の策定支援」などの施策を盛り込んだ。「特に市内で99%を占める中小企業の理解が深まるよう積極的に支援していきたい」と強調した。

 また、市内経済団体などで構成される協議会を新たに設置。情報交換や成功事例の共有などを通し、官民一体となって働き方の見直しを進める意欲を示した。

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

中区・西区版のトップニュース最新6

貴重な絵画 次世代へ

市民ギャラリー

貴重な絵画 次世代へ 文化

クラファンで修復費募る

5月26日号

1歳枠拡大支援 鮮明に

横浜市保留児対策

1歳枠拡大支援 鮮明に 社会

対応施設に補助金

5月26日号

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

マルシェで「地産地消」促進

中区

マルシェで「地産地消」促進 社会

SDGs推進の一助に

5月19日号

ウクライナ避難民を支援

横浜市

ウクライナ避難民を支援 社会

MMに交流カフェ開設

5月12日号

本牧の藤野さん県代表に

ベストオブミス

本牧の藤野さん県代表に 社会

今秋、全国大会へ

5月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook