中区・西区版 掲載号:2016年7月14日号 エリアトップへ

地産地消の仕事人椿直樹さん 横浜野菜の魅力を一冊に 費用一部に市民の協力募る

社会

掲載号:2016年7月14日号

  • LINE
  • hatena
生産者と笑顔で語る椿さん(左)
生産者と笑顔で語る椿さん(左)

 西区北幸で飲食店を営み、農林水産省から「地産地消の仕事人」に認定されている椿直樹さん(48)が、横浜野菜を使ったレシピ本『横浜の食卓』(仮)の自費出版に向け動いている。椿さんはその費用の一部をインターネットで協力を募るクラウドファンディングを活用。目標金額250万円に対して現在の寄付額は約4割で、残り期間は約40日となっている。

 20年ほど前から横浜野菜に魅せられ、その良さを伝える活動を続けてきた椿さん。「横浜を地産地消の代表大都市にする」との理念を掲げ、その推進をめざす「濱の料理人」発起人代表などを務めながら、市内の料理人や農家、生産者らとのつながりを深めてきた。

 今回の書籍出版は椿さんの長年の夢。「消費者・生産者の方々に横浜の食材の魅力を伝え、新鮮で安全で美味しい野菜を毎日の食卓に取り入れていただきたい」と、横浜野菜を使った家庭料理のレシピや、自身が尊敬する野菜や調味料の生産者の横顔を紹介する書籍をめざしている。

 取材はすでに進み、発刊は今年10月を予定。112ページオールカラーで、「10分で作れるお手軽レシピ」が60種類以上、そして生産者の横顔に加え、農家の直売情報や旬の野菜カレンダーなど、横浜に特化したレシピ集を予定する。価格は千円程度で発行は3千部。

自費出版を決意

 書籍化にあたり、最初は出版社に企画を持ち込んだ椿さん。しかし、商業目的の視点から様々なテーマの追加を求められた。それでは純粋に横浜野菜の魅力を伝えたいという想いを叶えることは難しく、椿さんは自費出版を決意。そして、多額の費用に苦悩する中でクラウドファンディングの存在を知った。

 今回利用するのは地域特化型クラウドファンディングサービス「FAAVO横浜」(【URL】https://faavo.jp/yokohama)。6月から80日間の日程で募集が始まり、7月11日現在で目標金額250万円に対して約4割。支援金額は1口5千円からで、金額に応じて「厳選横浜野菜セット」などの返礼がある。期間の8月20日までに目標金額に届かなければ調達額はゼロになる。

 椿さんは「市民の皆さんと一緒に作り上げられるような本になれば。横浜の生産者を知るきっかけとなるものを形にできるよう、ぜひご協力をお願いします」と呼び掛けている。

中区・西区版のトップニュース最新6

女性団員、連携し定期訓練

中区3消防団

女性団員、連携し定期訓練 社会

日中の対応力向上に

1月28日号

地域住民集う「菜園」に

地域住民集う「菜園」に 社会

浅間町に新たな交流拠点

1月28日号

野毛大道芸 新たな形で

野毛大道芸 新たな形で 文化

屋内で人数制限し、開催

1月21日号

宿館屋上でグランピング

寿地区

宿館屋上でグランピング 経済

新たな魅力創出に

1月21日号

3館合同で初の作品展

本牧原

3館合同で初の作品展 コミュニティ社会

コロナ禍 活動発表の場に

1月14日号

200カ所以上で減収

指定管理施設

200カ所以上で減収 経済

市、一部補助も

1月14日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月7日12:21更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク