中区・西区版 掲載号:2016年7月21日号
  • googleplus
  • LINE

日枝神社で「酒とライブ」 商店会、31日に初のフェス

社会

会場となる日枝神社
会場となる日枝神社
 お三の宮日枝神社=南区山王町=の境内で酒の呑み比べやライブが繰り広げられる「お三の宮神社フェス」が7月31日に行われる。神社周辺のお三の宮通り商店会が初めて企画するもの。1年後に迫った吉田新田完成350周年へ向け、イベントを通して横浜発展の礎となった場所を市内外にアピールするねらいがある。

 同神社では、大神輿がお三の宮や伊勢佐木など、吉田新田の埋め立て地を巡行する9月の例大祭が横浜を代表する祭りとして知られる。昭和50年代ごろまでは、神社周辺に商店が並び、商店街は隣接する伊勢佐木町と肩を並べる規模だったと言われる。しかし、観光資源が乏しかったこともあり、徐々に衰退。商店街は1999年に解散した。

新田完成350年へ

 1667年に完成した吉田新田が2017年に350周年を迎えることを意識し、09年に神社を中心にしたまちづくりを進めようと「お三の宮通り商店会」が復活。協力関係にある地域住民らによるまちづくり委員会が神社につながる道に石のモニュメントや案内板を整備してきた。

 同商店会は「横浜発展の歴史と文化の礎である場所を多くの人に知ってもらいたい」とイベントを企画。神社にも相談し、「フェス」を開くことにした。開催日は近隣の蒔田公園で「南まつり」がある7月31日に設定し、相乗効果に期待する。

 同商店会だけではなく、藤棚や南太田の店舗にも声をかけ、商品を販売する「マルシェ」を開く。商店会副会長で酒販店「横浜君嶋屋」社長の君嶋哲至さんの呼びかけに応じた県内5社の蔵元が集まり、「酒蔵呑み比べフェスタ」も行う。さらに、境内にある神楽殿を使い、バンドなど5組がライブ演奏を披露する。

 日枝神社の角井瑞宮司は「お酒には神様と人、人と人とを結び付ける重要な役目があり、神社や祭りには欠かせない大切なもの」と話し、歴史や文化を知るきっかけになることを願う。

 商店会の岩本欣也会長は「神社や吉田新田の歴史は観光資源になるもの。もっとアピールしていきたい」と「フェス」を350周年へ向けての第一歩にしていく。イベントは午後4時から8時。入場無料。問い合わせは同商店会【電話】045・250・0963。

中区・西区版のトップニュース最新6件

海野歯科医院【黄金町・阪東橋】

歯科口腔外科の専門医であり、顎関節症の治療が得意です!

http://www.umino-dc.com/

池野歯科医院(中区竹之丸55)

高齢者など病院に行けない方のために、訪問歯科診療を行っています!

http://ikeno-shika.com/

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「幼稚園ってこんなところ」

中区説明会

「幼稚園ってこんなところ」

7月9日 個別相談も

7月9日~7月9日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク