中区・西区版 掲載号:2016年8月25日号 エリアトップへ

28日開催「石川町アートフェスティバル」の実行委員長を務める 飯田 峰子さん 中区打越在住 37歳

掲載号:2016年8月25日号

  • LINE
  • hatena

群抜く行動力で初フェス

 ○…JR石川町駅南口近くで初めて開催する今回のアートフェスティバルは、ライブペインティングや音楽に飲食、スケートボードなど多種多様な出し物を用意する。「若い人も参加しやすい『かっこいい』イベントにしたい」とコンセプトは来て楽しいテーマパークのようなイベント。会場となる石川町ひらがな商店街ウエストアベニューは「チェーン店がなく、店主の個性が光るお店ばかり」と魅力を語る。4月には同商店街の会長にも就任した。

 ○…山形県の出身で横浜市立大学進学とともに上京。「経済アナリストになりたかった」と経済学部で学ぶ。就職活動では大手証券会社に内定するも、入社前の研修で社風が肌に合わず辞退。その後、人気のアパレル会社に入り、みなとみらいと渋谷の店舗で計7年働いた。そんな折、大学生のころにアルバイトをしていた飲食店の関係者から誘われ、新規3店舗のマネジメントを任されることに。「朝8時に出て帰宅は朝の4時」と多忙を極めた。出産を機にその仕事を離れ、すぐに自身の店探しに奔走。学生時代から親しみのある石川町で物件を探し、2012年9月に念願のカフェをオープンさせた。

 ○…石川町のグルメイベント「裏フェス」など、地域活性化にかかわることで、若手同士の横のつながりができ、地域とふれあうなかで住民との輪も広がっていった。「飲食だけではない幅の広いイベントも開催してみたい」と思い立ち、気づいたら周りを巻き込み動き出していたという。「『やっちゃおうよ』ってみんな協力的なんです」

 ○…店の近くに夫と5歳の娘との3人暮らし。ほっとできるのは、子どもとふれ合うひと時だ。学生のころは1カ月ほど東南アジアを放浪するなど、一人旅も好きだったというが「いまは難しいですね」と苦笑い。今後は、海外の旅行客などを対象としたゲストハウス事業にも挑戦してみたいと意欲を燃やす。

中区・西区版の人物風土記最新6

大内 孝利さん

10月1日付で日本郵船氷川丸の第29代船長に就任した

大内 孝利さん

中区在勤 68歳

10月15日号

佐藤 弘明さん

発足40周年を迎えた「横浜市西区BBS会」の会長を務める

佐藤 弘明さん

平塚市在住 31歳

10月8日号

前田 俊明さん

山手警察署の第85代署長に就任した

前田 俊明さん

中区本牧原在住 55歳

10月1日号

鍋倉 正文さん

「横浜市アマチュア無線非常通信協力会中区支部」の支部長を務める

鍋倉 正文さん

中区本牧原在住 66歳

9月24日号

吉田 隆男さん

国際ロータリー第2590地区のガバナーに就任した

吉田 隆男さん

横浜市在勤 72歳

9月17日号

大橋 清さん

新本牧ウォーキングクラブの会長を務める

大橋 清さん

西区みなとみらい在住 79歳

9月10日号

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 9月16日22:33更新

  • 9月10日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月15日号

お問い合わせ

外部リンク