中区・西区版 掲載号:2016年9月8日号
  • googleplus
  • LINE

道志の湧水、ビールに 中区の醸造所で初仕込み

社会

仕込み釜に道志の水を入れる太田社長(左から2人目)
仕込み釜に道志の水を入れる太田社長(左から2人目)
 中区住吉町に醸造所を持つ(株)横浜ビールで9月1日、横浜の水源となっている山梨県道志村の水を使ったビールの初仕込みが行われた。村民などの関係者らが見守るなか、当日早朝に汲んできた湧水600リットルを仕込み釜に送水した=写真。

 同社が道志村の「源水」を使ったビールを通年商品として造るのは初めて。市民の生活に密着した水を使うことで、「自分の街に思いをはせて欲しい」という願いがあるという。

 初仕込みに立ちあった道志村議会の出羽和平議長は、「道志のおいしい水を使っておいしいビールを造ってもらえたら」と話し、道志と横浜の今後の交流にも期待を寄せていた。同ビールは10月末に販売予定。

中区・西区版のローカルニュース最新6件

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク