中区・西区版 掲載号:2016年9月29日号 エリアトップへ

本牧病院 県の救急医療功労者に 地域で60年、実績を顕彰

社会

掲載号:2016年9月29日号

  • LINE
  • hatena
救急医療について語る杉山院長
救急医療について語る杉山院長

 医療法人博生会・本牧病院(杉山淳院長)=中区本牧三之谷11の5=がこのほど、2016年度の「神奈川県救急医療功労者表彰」を受賞した。

 この表彰は、県の救急医療の発展に努め、特に功労のあった団体や施設、個人を顕彰するもの。60年以上の歴史を持つ本牧病院は、地域に根差した医療機関として、長年にわたり救急医療の担い手として活動してきた。1975年から病院群輪番制事業に参加し、91年に現在の場所へ新築移転した後も、地域の救急医療に貢献している。

 市大病院や市立みなと赤十字病院がまだ整備されていなかったころは、地域の病院として様々な救急の案件に対応。2つの病院ができ、重篤な救急患者に対応する地域の医療体制が確立されつつある今日も、救急患者を極力受け入れている。

 91年から院長を務める杉山医師(64)は「骨折など高齢の方が特に多い」と話す。また、市大病院やみなと赤十字病院など他医療機関と医師同士の交流もあり、そのネットワークを生かした対応が強みだという。医師や医療スタッフとの顔の見える関係性も中型病院の特徴で、杉山院長は「診療科目にとらわれず、総合的に診ることを心掛けている。それにより、別の疾患の発見につながることもある」と力説する。

 同表彰は、救急医療の一層の発展と県民の救急医療に対する理解を深めることを目的に今年で34回目。県全体では5団体7個人が表彰された。また、西区からは、地域の初期救急医療に貢献したとして井出博さんが受賞している。

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.fukushima-naoko.info/

西区北幸1-1-8エキニア7F

横浜駅西口すぐの補聴器専門店。認定補聴器技能者と言語聴覚士が在籍で安心です。

https://panasonic.jp/hochouki/shop/plaza/yokohama.html

<PR>

中区・西区版のローカルニュース最新6

MM21新校舎が開設

神奈川大学

MM21新校舎が開設 教育

一般開放の予定も

4月8日号

跡地利用計画を策定

根岸住宅地区

跡地利用計画を策定 社会

市大附属2病院の構想も

4月8日号

京急デザインを刷新

シーバス

京急デザインを刷新 経済

SDGsの発信も

4月8日号

「野毛」の街知る1冊に

「野毛」の街知る1冊に 文化

地域の団体が発行

4月8日号

決済アプリで消費喚起

神奈川県

決済アプリで消費喚起 経済

最大2割のポイント還元

4月8日号

藤村氏が出馬表明

横浜市長選

藤村氏が出馬表明 政治

IR誘致の市政批判

4月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月16日15:24更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク