中区・西区版 掲載号:2016年9月29日号 エリアトップへ

基準地価中区・西区 住宅・商業4年連続の上昇 山手が上昇率・価格で1位

経済

掲載号:2016年9月29日号

  • LINE
  • hatena

 県は9月20日、土地の価格の目安となる基準地価を発表した。住宅地では中区山手町が上昇率、価格ともに県内1位、商業地では西区南幸が価格で1位。中区・西区ともに区別平均で住宅地、商業地ともに4年連続の上昇となった。

 基準地価は土地1平方メートルあたりの取引価格を不動産鑑定士の評価などを踏まえ、客観的に示すもの。県は今年7月1日時点での基準地価を公表した。中区内では住宅地8地点、商業地13地点、西区内では住宅地6地点、商業地9地点で調査が行われた。

中区

 住宅地8地点の全てで昨年と比べて価格が上昇。平均変動率2・3%で上昇率県内1位を記録した。特に、高級住宅街の山手町の地点では上昇率6・0%、価格が53万円/平方メートルとどちらも県内1位となった。

 商業地では、全国的な繁華性を増した中華街の山下町が価格順で県内4位、上昇率でも同7位に。また、関内の真砂町が価格順で県内9位に入った。

西区

 西区でも住宅地6地点全てで上昇。平均1・9%で中区、神奈川区に次ぐ県内3位の上昇率となった。特に、岡野2丁目では価格が28万9千円/平方メートルで、上昇率が4・3%と3位に入った。

 商業地では、全体の上昇率が5・9%と県内1位となり、横浜駅周辺の繁華性の高さに加え、駅前再開発の期待等を反映した形となった。特に、価格順では南幸1丁目が1010万円/平方メートルで県内1位に。上昇率でも神奈川区の鶴屋町2丁目に続き、高島2丁目が9・5%で2位、北幸1丁目が9・3%で3位となった。

 横浜駅周辺の事業者等でつくる横浜駅西口振興協議会は「駅前周辺の繁華性、利便性などが高く評価されたと思う。再開発に合わせて我々も賑わいを創出し、これからも横浜市の経済並びに観光の進展に寄与していきたい」と話した。

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.fukushima-naoko.info/

西区北幸1-1-8エキニア7F

横浜駅西口すぐの補聴器専門店。認定補聴器技能者と言語聴覚士が在籍で安心です。

https://panasonic.jp/hochouki/shop/plaza/yokohama.html

<PR>

中区・西区版のトップニュース最新6

横浜駅西口に交付拠点

マイナンバーカード

横浜駅西口に交付拠点 社会

申請急増見据え窓口変更

4月8日号

市庁舎へ言葉の道案内

市庁舎へ言葉の道案内 社会

視覚障害支援団体が作成

4月8日号

大岡川にシドモア桜

大岡川にシドモア桜 社会

3年後の開花期待し植樹

4月1日号

太陽光発電設置へ

市内小中65校

太陽光発電設置へ 社会

非常用に蓄電池配備

4月1日号

避難所に女性の視点を

中区

避難所に女性の視点を 社会

性犯罪抑止など議論

3月25日号

市が補助制度拡充

感震ブレーカー

市が補助制度拡充 社会

対象地域、新たに6区

3月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月16日15:24更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク