中区・西区版 掲載号:2016年11月24日号 エリアトップへ

吉田新田 「完成350周年で活性化を」 記念企画実行員が設立

社会

掲載号:2016年11月24日号

  • LINE
  • hatena
設立総会であいさつする高橋委員長(右)と北村顧問
設立総会であいさつする高橋委員長(右)と北村顧問

 2017年に完成から350年を迎える吉田新田の歴史伝承と地区の活性化を図ろうと、「YS350(横浜吉田新田350周年記念プロジェクト)実行委員会」が11月17日に設立された。

 吉田新田は大岡川河口部の入海を江戸の材木商、吉田勘兵衛らが干拓し、1667年に完成。横浜開港につながる基礎となった。

 同委員会は伊勢佐木町、野毛、馬車道、横浜橋などの商店街やまちづくり団体が参加する「関内・関外地区活性化協議会」のメンバーを中心に25人の委員で構成される。

 17日に吉野町市民プラザで行われた設立総会で委員長に横浜橋通商店街副理事長の高橋一成氏、副委員長に野毛地区街づくり会会長の平出揚治氏と吉田町名店街理事長の荒井浩氏が選出された。顧問に同協議会会長の北村宏氏らが就いた。

 今後、既存の施設を使い、新田の歴史を紹介する企画展やシンポジウムなどを行う予定。高橋委員長は「吉田新田350周年を契機に19年の横浜開港160周年、23年の日枝神社創建350周年に向けて息の長い文化事業を行いたい」と話し、市内外にPRしていく意向を示した。

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

中区・西区版のローカルニュース最新6

カラフルな世界を体感メキシコのトイ&ドール

カラフルな世界を体感メキシコのトイ&ドール 文化

人形の家で企画展 7月18日まで

5月26日号

セーリング無料体験会

セーリング無料体験会 スポーツ

八景島などで 参加者募集

5月26日号

夏のオリジナル商品

最短3週間

夏のオリジナル商品 社会

5月26日号

個性的なキャラが説明

プラスチック資源循環法

個性的なキャラが説明 社会

市資源循環局が動画配信

5月26日号

自分で持ち歩く時代へ

フォークもスプーンも

自分で持ち歩く時代へ 社会

記念品、販促品作れます

5月26日号

家庭菜園のススメ

特別コラム

家庭菜園のススメ 社会

野菜ソムリエプロ 市内在住・緒方湊さん

5月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook