中区・西区版 掲載号:2017年1月19日号
  • googleplus
  • LINE

「横浜」通し自己表現 象の鼻テラスで写真展

社会

ワークショップの様子=横浜栄写友提供
ワークショップの様子=横浜栄写友提供

 「外国につながる子どもたちに自己表現の場を」と企画された「横浜インターナショナルユースフォトプロジェクト」の写真展が、象の鼻テラスで1月22日(日)まで行われている。主催は横浜栄写友。

 外国籍や国際結婚の家庭、帰国子女など外国につながる中高生が、それぞれの視点から「横浜」を写すというプロジェクトだ。

 市内在住のフォトジャーナリストの大藪順子さんが、外国とつながりを持つ青少年の事件を受けて企画。自身が講師に立ち、地元の写真家らがボランティアとして参加、昨年8月からワークショップを重ねてきた。期間中は中華街や横浜の街並みなどの作品40点を展示。参加した中国人の陳珺(チンジュン)さん(高校1年)は「撮影する中で普段気づかない、新しい発見があった」と話す。

 時間は午前10時〜午後6時(最終日4時)。(問)【メール】picturethisjp@gmail.com
 

10月開校 新規生徒募集中

横浜市中区松影町1-3-7ロックヒルズⅧ3F

http://swan-angel.com/youji/index.html

<PR>

中区・西区版のローカルニュース最新6件

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク