中区・西区版 掲載号:2017年2月16日号 エリアトップへ

「バス移動でまちづくりを」 18、19日に「サミット」

社会

掲載号:2017年2月16日号

  • LINE
  • hatena
チラシを手にする横浜高速鉄道の鈴木社長(下段右)、県職員の鈴木さん(同左)と実行委員
チラシを手にする横浜高速鉄道の鈴木社長(下段右)、県職員の鈴木さん(同左)と実行委員

 バスを使った移動で商店街やまちににぎわいをもたらす方法などを考える「全国バスマップサミットin横浜」が2月18日、19日に横浜にぎわい座や南区の吉野町市民プラザなどで開かれる。主催は横濱バスマップサミット実行委員会。

 「サミット」は、市民の手がマップ作成のノウハウを交換したり、公共交通の将来について語り合おうと、2003年に岡山県で始まった。これまでにほぼ年1回のペースで13回開催されてきた。

 関内や関外でまちづくり活動が盛んになっていることから、開催依頼があり、吉田新田完成350周年を迎えるタイミングで行われることになった。関内・関外地区活性化協議会のメンバーが中心になって準備を進めている。

回遊でにぎわい作り

 18日は午前11時30分から、にぎわい座でシンポジウムなどを行う。前副市長で横浜高速鉄道の鈴木伸哉社長、商店街について詳しい県産業労働局の鈴木博明さんらと関内・関外地区の商店街、まちづくり団体の代表者らがバス回遊によるにぎわい作りなどを語る。

 19日は午前10時から正午まで吉野町市民プラザと磯子区の市電保存館、同館内「しでんほーる」の3会場で分科会を開く。同プラザでは、親子のバス利用を促す方法を話し合う。

 同実行委員会は「関内・関外地区をつなぐ移動を考えると、まちも人ももっと楽しくなる」と話す。

 参加費は2日間で2千円。18日のみは1500円、19日のみは500円。問い合わせは有限会社蟻塔【電話】045・250・0963。

中区・西区版のローカルニュース最新6

詐欺防止に感謝状

横浜中郵便局

詐欺防止に感謝状 社会

100万円の家賃に待った

1月20日号

中学生が公演制作に

MMホール

中学生が公演制作に 社会

5月の本番へ 活動開始

1月20日号

「ひょうちゃんルーム」登場

ホテルアソシア新横浜

「ひょうちゃんルーム」登場 社会

崎陽軒初 期間限定コラボ

1月20日号

東儀秀樹コンサート

チケット販売中

東儀秀樹コンサート 文化

タウンニュースホール

1月20日号

4月以降は上昇傾向か

横浜市景況調査

4月以降は上昇傾向か 経済

飲食・宿泊業は厳しさ続く

1月20日号

12校にレモン植樹へ

新設NPO

12校にレモン植樹へ 社会

観光資源の開発一助に

1月20日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月11日0:00更新

  • 11月4日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook