中区・西区版 掲載号:2017年2月23日号 エリアトップへ

横浜市 交通事故死が過去最少に 49人、前年比23人減

社会

掲載号:2017年2月23日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市はこのほど、2016年中に市内で発生した交通事故の死者数が前年比23人減の49人となり、過去最少になったと発表した。記録が残る1948年以降でみたもの。県内全体(140人)に占める割合は、前年の約40%から35%に低下した。

 市内の交通事故死者数のうち、高齢者(65歳以上)は前年比で11人少ない22人で約45%を占める。子ども(15歳以下)の死者数は2人で、歩行中、自転車乗車中によるもの。また、子どもが過失の最も重い「第一当事者」になった自転車事故は、他の年齢層と比べ最も多かった。

 市道路局では、死者数の減少要因として交通安全教育の普及や車の安全性向上、道路の改良などをあげている。県警察が昨年実施した「横浜エリアゼロ対策」による市内集中取締りや地域と関係機関・団体とが連携した地道な活動の成果も指摘した。市は今後も、反射材の配布や通学路の交通安全対策、また交通安全教育・啓発活動などに取り組むとし、市が交通安全計画で掲げる「年間死者55人以下」を継続できるように施策を進める方針だ。

西区は死者0人に中区、1人増の6人

 西区は、交通事故による死者数は前年比で1人減少し0人だった。一方、中区は前年比で1人増え、6人となり、全18区で南区に次いで2番目に多かった。負傷者数でみると西区は前年比4人増の519人、中区は前年比37人減の725人だった。事故件数でみると西区は前年比24件増の446件。中区は前年比30件減の618件だった。

 負傷者数において戸塚区は、前年比218人減と、旭区の124人減を94人上回る最大の減少幅だった。

中区・西区版のローカルニュース最新6

詐欺防止に感謝状

横浜中郵便局

詐欺防止に感謝状 社会

100万円の家賃に待った

1月20日号

中学生が公演制作に

MMホール

中学生が公演制作に 社会

5月の本番へ 活動開始

1月20日号

「ひょうちゃんルーム」登場

ホテルアソシア新横浜

「ひょうちゃんルーム」登場 社会

崎陽軒初 期間限定コラボ

1月20日号

東儀秀樹コンサート

チケット販売中

東儀秀樹コンサート 文化

タウンニュースホール

1月20日号

4月以降は上昇傾向か

横浜市景況調査

4月以降は上昇傾向か 経済

飲食・宿泊業は厳しさ続く

1月20日号

12校にレモン植樹へ

新設NPO

12校にレモン植樹へ 社会

観光資源の開発一助に

1月20日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月11日0:00更新

  • 11月4日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook