中区・西区版 掲載号:2017年3月30日号 エリアトップへ

横浜DeNAベイスターズ 日本一へ「ベスト尽くす」 17年シーズン、あす開幕

スポーツ

掲載号:2017年3月30日号

  • LINE
  • hatena
壮行会で決意を述べるラミレス監督(左)と選手
壮行会で決意を述べるラミレス監督(左)と選手

 横浜DeNAベイスターズが日本一に挑む2017年度のプロ野球セントラルリーグが3月31日に開幕する。DeNAは昨年、チーム史上初のクライマックスシリーズ(CS)進出を果たすなど躍進。今シーズンは1998年以来の優勝に向けて期待が高まる。

本拠地初戦は4月4日

 DeNAの開幕戦は3月31日、神宮球場で行われるヤクルト戦。4月4日には横浜スタジアムに巨人を迎え、本拠地開幕戦が午後6時30分プレーボールとなる。

 開幕まで1週間に迫った3月23日、西区の「クイーンズスクエア横浜」で約1500人のファンを前に壮行会が行われた。就任2年目のアレックス・ラミレス監督をはじめ、梶谷隆幸外野手、抑えの山崎康晃投手など選手10人が出席。昨季9勝を挙げ、ラミレス監督から初の開幕投手に指名された3年目の石田健大投手は「1つでも多く勝ってチームに貢献したい」と抱負を語り、ファンから喝さいを受けた。

多彩な企画でファン拡大

 DeNAは昨季のペナントレース69勝71敗3分の成績で3位。CSでは、今年3月のワールドベースボールクラシック(WBC)でも4番に座った筒香嘉智外野手らの活躍で巨人を破り、ファイナルステージ進出を果たすなど飛躍した。

 昨季、横浜スタジアムで行われたホームゲームの年間総動員数は、日本一を達成した98年を超える球団史上最多の約194万人を記録。子どもへのオリジナルキャップのプレゼントや市民にスタジアムを無償開放するキャッチボールイベントなど、多彩な企画でファン層を広げている。

 ラミレス監督は本紙読者へ「チャンスを逃さず掴み取るためにベストを尽くし、さらに高いレベルにいけると信じています。そして、支えてくださるファンの皆さんにも、私たちと同じ考えを持っていただき、優勝という目標を目指し、共に歩んでいきましょう」とコメントを寄せた。

中区・西区版のトップニュース最新6

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人手不足対策と連動

10月22日号

「力作」で防犯啓発

東久保町元交番

「力作」で防犯啓発 社会

閉鎖後も地域安全に一役

10月22日号

新聞広告が部門賞に

横浜市緑の協会

新聞広告が部門賞に 社会

動物のイラストを評価

10月22日号

西・中区ゆかりの4人も

横浜文化賞

西・中区ゆかりの4人も 文化

文化、芸術、スポーツで

10月15日号

子ども食堂、再開徐々に

子ども食堂、再開徐々に 社会

食品提供の団体も

10月15日号

シェアキッチンが開業

石川町1丁目

シェアキッチンが開業 社会

創業意欲に応える場に

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 9月16日22:33更新

  • 9月10日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク