中区・西区版 掲載号:2017年4月20日号
  • googleplus
  • LINE

にしく市民活動支援センター「にしとも広場」の新センター長に就任した 加世田 恵美子さん 緑区在住 56歳

ふらっと寄れるセンターに

 ○…西区で地域の課題を解決する団体・個人を手助けしている「にしく市民活動支援センター にしとも広場」。管理運営するNPO法人の一員として、センター長を4月から務める。引継ぎで区内を回った感想は「会う人が温かくて、街に誇りを持っている。歩いていると、ちょっとしたところに歴史があることが多いですね」。センターの運営に関しては「『ここに来たら何かやっている』とふらっと立ち寄ってくれる、ワイワイとしたセンターにしたい」と力強く話す。

 ○…都内の民間企業に長年勤務。会社向けにキャリアデザインの研修を行う会社だった。6年前、母の認知症が分かり、「今までと違う方向に目を向けたい」と思っていたところ、同センターと同じNPO法人が運営する桜木町の横浜市市民活動支援センターが職員を募集中と知り、入職。地域活動の経験はPTAか自治会の役員くらい。それでも窓口業務を続ける中で「もう少し事業に関わりたい」と、認知症ケア実務者向けの研修にも携わった。

 ○…前職で経営者側だった経験を活かし、桜木町のセンターでは労務や会計面で団体運営のノウハウを指導。活動への思いが先走りがちな相談者へ、まず団体を運営することの重要性を諭した。「にしとも広場」は人と活動のつながりづくりがメイン。「活動を新たに始める方のきっかけになるような、講座やイベントを考えたい」と思案する。

 ○…区内で良く行くスポットが2つ。ひとつは横浜能楽堂。毎月の「狂言の日」には夫とともに観賞する。「素の人間が化粧もせず、型のなかでタイムスリップしたかのように風景を変えられる」ところが魅力と語る。もうひとつは横浜みなとみらいホール。中学はブラバン、高校大学はマンドリンクラブに所属していたこともあり、神奈川フィルを応援中。にしとも広場でも毎日来てくれる84歳のおばあさんと、ホール談義に花を咲かせている。

中区・西区版の人物風土記最新6件

上田 ますみさん

東日本大震災復興支援コンサート「ふるさとをあきらめない」の実行委員会代表を務める

上田 ますみさん

2月22日号

小松崎 啓子さん

浅間台小学校で育つ夏みかんを使い、児童とのマーマレード作りを20年続ける

小松崎 啓子さん

2月15日号

藤田 善宏さん

関内ホール自主公演『ライトな兄弟』の作・演出・振付で文化庁芸術祭新人賞を受賞した

藤田 善宏さん

2月8日号

栗原 清剛さん

浅間台小で行う環境学習が文部科学省から表彰された、(有)マルニ商店常務の

栗原 清剛さん

2月1日号

加瀬 泰さん

横浜市民ミュージカルの原作である短編映画『アクアの肖像』を手がけた

加瀬 泰さん

1月25日号

黒沢 博さん

初の主演映画『30年目の本気』が完成した、元ヒロシ&キーボーのヒロシこと

黒沢 博さん

1月18日号

桜木町駅前ホテル内のスイミング

ベビーから大人まで無料体験実施中!

http://www.breezbay-fit.co.jp

確定申告の季節です。

青色申告のことならなんでもお気軽に

http://www.yokohamaaoiro.com/

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク