中区・西区版 掲載号:2017年6月8日号 エリアトップへ

若手演奏家育成を目的とした『MMCJ』を主宰する 大友 直人さん 都内在住 59歳

掲載号:2017年6月8日号

  • LINE
  • hatena

演奏家を横浜から世界へ

 ○…「クラシック音楽を世界共通の文化としてさらに浸透させていきたい」。そんな思いから若手演奏家を育てる国際教育音楽祭『ミュージック・マスターズ・コース・ジャパン(MMCJ)』が今年で17回を迎える。各国から才能あふれる21人が横浜に集い、世界トップクラスの講師陣とともに約3週間にわたり密度の濃い時間を過ごす。

 ○…30年ほど前、志を同じくするアラン・ギルバート氏(現、ニューヨーク・フィルハーモニック音楽監督)とともに、演奏家育成の実践的な取り組みついて話し合っていた。この構想が経済界や教育界、文化関係者から支持を得て01年に千葉で産声をあげた。その後、11年から横浜に拠点を移し、修了生は延べ483人を数える。「世界に誇れるプロジェクトです。ぜひ一人でも多くの方に知ってもらいたい」

 ○…東京都出身。桐朋学園大学を卒業後、小澤征爾氏や秋山和慶氏らに師事。その後、日本フィルハーモニー交響楽団正指揮者などを経て、現在は群馬交響楽団音楽監督をはじめ東京交響楽団名誉客演指揮者、京都市交響楽団桂冠指揮者、琉球交響楽団音楽監督を務める。中学生で音楽の道を意識したというが、「生計を立てるのは難しいと分かっていたのでしょう。小学生のころの作文では、将来の仕事は自動車会社の副社長」と笑った。プライベートでは、小編成の室内楽をはじめ、歌謡曲からポップスにジャズ、フュージョンなど幅広いジャンルを耳にする。「音楽の魅力を知ることができて、僕は幸せ者です」と目じりを下げた。

 ○…MMCJについて「生まれも言語も異なる若手音楽家が、ひとつの演奏を作り上げる。これは見方を変えれば国際文化交流そのものであり、相互理解そのもの」と評価する。資金確保が最大の課題としつつも、日本発のこの取り組みを通して「幅広い見識、感覚をもった人材を育てていきたい」と語った。

中区・西区版の人物風土記最新6

阿久津 裕司さん

創建150年を迎えた伊勢山皇大神宮の宮司を務める

阿久津 裕司さん

西区宮崎町在住 54歳

5月13日号

上原 収二さん

6月から半年間にわたり連続回顧展を開催する

上原 収二さん

中区本牧町在住 69歳

5月7日号

西川 浩二さん

4月1日付で西消防署長に就任した

西川 浩二さん

磯子区在住 58歳

4月29日号

梅本 千晶さん

シドモア桜の会 横浜の代表理事を務める

梅本 千晶さん

保土ケ谷区在住

4月22日号

塚本 幸治さん

選手を中心に考える学童野球の枠組みを考案した

塚本 幸治さん

神奈川区在住 43歳

4月15日号

飯笹 光男さん

横浜ガストロノミ協議会の理事長に就任した

飯笹 光男さん

西区在勤 57歳

4月8日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter