中区・西区版 掲載号:2017年6月29日号 エリアトップへ

(PR)

健康管理に必要な生活習慣 コレットマーレ医療モール「みなとみらいケンズクリニック」 がんのリスク低下させるには? 取材協力/みなとみらいケンズクリニック 渡邊史郎院長

掲載号:2017年6月29日号

  • LINE
  • hatena
渡邊 史郎 院長
渡邊 史郎 院長

 Q・祖父と父親ががんに罹り、自分もそうなるのではないかと不安です。がんの種類と対策について教えてください。

 A・がんは1981年以降、日本人の死因第1位の疾患で、その割合は年々増加傾向にあります。日本人が生涯でがんになる確率は男性が63%、女性が47%。2人に1人ががんになるといわれています。

 男性で生涯罹患確率が高いのは胃がん、大腸がん、肺がんの順で、女性では乳がん、大腸がん、胃がんの順になっており、消化管に関連したものが多いと言えます。消化管のがんには主に食道がん・胃がん・大腸がんがあり、日本人男性の23%、女性の14・4%が生涯のうちにこれらに罹患します。

 こうしたがんは早期に発見することで、メスを使った手術をしなくても内視鏡で治療をすることが可能です。手術が必要な場合でも、早期の消化管のがんは高い確率で助かりますし、発見には内視鏡検査がたいへん有用です。定期的に医療機関で検査を受けることをおすすめします。

 これまでの研究から、がんの原因の多くは喫煙や飲酒、食事など生活習慣に係わるものであることが明らかになっています。主なリスク要因として、食道がんは喫煙、飲酒、熱い飲食物の摂取が知られています。胃がんで最も重要なものはヘリコバクター・ピロリ菌の持続感染です。また、喫煙、塩分過剰摂取もリスクを高めます。大腸がんのリスク要因は飲酒、喫煙、肥満、加工肉摂取などが有名となっています。

 定期的な内視鏡検査と生活習慣の見直しをすることで、がんのリスクは確実に低下します。自身の罹患リスクについて気になっている場合は、専門医へ相談すると良いでしょう。

医療法人社団健生会 みなとみらいケンズクリニック

〒231-8331横浜市中区桜木町1-1-7 TOCみなとみらい3階

TEL:045-651-2588

http://www.kens-clinic.jp/minatomirai/

横濱ハイカラきもの館

卒業式袴レンタル→全部コミコミ11,990円!小物や靴、着付けも無料♪

https://www.shinnichiya.com/kimonokan

<PR>

中区・西区版のピックアップ(PR)最新6

相続・遺言・贈与の相談会

相続・遺言・贈与の相談会

シルクセンターで予約不要

12月2日号

至福のオルガンXmas

県民ホール

至福のオルガンXmas

12月11日、心躍るひととき

12月2日号

秘曲・関寺小町を横浜で

秘曲・関寺小町を横浜で

金春円満井会横浜公演

12月2日号

スマホの使い方を地域に

養成講座

スマホの使い方を地域に

西区、サポーターを大募集

12月2日号

若き精鋭が関内に

ジャズプロ外 伝

若き精鋭が関内に

12月17日 スペシャルライブ

12月2日号

「補聴器のことなら何でもご相談を」

年末年始を快適に

「補聴器のことなら何でもご相談を」

リケン補聴器センター横浜店

12月2日号

あっとほーむデスク

  • 11月11日0:00更新

  • 11月4日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook