中区・西区版 掲載号:2017年7月13日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市中区歯科医師会の会長に就任した 池野 雄二さん 中区根岸旭台在住 67歳

患者さんの笑顔のために

 〇…171人の会員が所属する市内最大規模の歯科医師会の会長に就任。「一緒になって会の活動を支えてくれている会員のために、そして地域のためになれば」と温かい眼差しで語る。

 〇…石川県出身。父は外科医で、先祖代々医者の家系に生まれる。幼い頃は「ほとんど寝る時間もない父の姿を見ていて、大変な仕事だなと思っていた」。親戚の中で産婦人科医と歯科医だけがいなかったことから、この道を志す。高校では硬式テニスとラグビー部を掛け持ちするスポーツマン。日本歯科大学時代は強豪スキー部で、キャプテンとして優勝へ導いた。卒業後は医局に入り、海外留学や都内の個人病院勤務を経て、結婚を機に中区竹之丸で「池野歯科医院」を開院。現在は同じく歯科医になった息子と2人で診療室に立つ。「新しい治療法など息子から学ぶことも多い」と、互いに切磋琢磨して技術向上に励んでいる。

 〇…「口腔内の状態が全身の健康に影響する。歯科医は歯だけでなく、健康の入り口に関わっているというプライドが持てる仕事」とやりがいを語る。月数回の夜間診療や年末休日診療の当番医、各種会合、研修のほか、プライベートでは設立メンバーとして携わる日本チアリーディング協会の活動と多忙な毎日を送っているが、「暇だとかえって心配になるかも。仕事が趣味かもしれないね」とにっこり。会合などを通じて様々な人と話せることが日々の楽しみになっている。

 〇…全国で初めて入会金を無料にするなど先駆的な取組を行ってきた同会。区民向け講座や無料口腔ガン検診のほか、増え続ける在宅療養を支えるため、医師会・薬剤師会の三師会や行政、他団体とともに地域連携にも力を入れる。「歯は日頃のケアが大切。歯医者には痛くなってから行くのではなく、定期検診など予防で使ってもらえたら」。歯科医として約40年。患者さんに笑顔になって帰ってもらうことが、一番の喜びだ。

中区・西区版の人物風土記最新6件

上田 ますみさん

東日本大震災復興支援コンサート「ふるさとをあきらめない」の実行委員会代表を務める

上田 ますみさん

2月22日号

小松崎 啓子さん

浅間台小学校で育つ夏みかんを使い、児童とのマーマレード作りを20年続ける

小松崎 啓子さん

2月15日号

藤田 善宏さん

関内ホール自主公演『ライトな兄弟』の作・演出・振付で文化庁芸術祭新人賞を受賞した

藤田 善宏さん

2月8日号

栗原 清剛さん

浅間台小で行う環境学習が文部科学省から表彰された、(有)マルニ商店常務の

栗原 清剛さん

2月1日号

加瀬 泰さん

横浜市民ミュージカルの原作である短編映画『アクアの肖像』を手がけた

加瀬 泰さん

1月25日号

黒沢 博さん

初の主演映画『30年目の本気』が完成した、元ヒロシ&キーボーのヒロシこと

黒沢 博さん

1月18日号

桜木町駅前ホテル内のスイミング

ベビーから大人まで無料体験実施中!

http://www.breezbay-fit.co.jp

確定申告の季節です。

青色申告のことならなんでもお気軽に

http://www.yokohamaaoiro.com/

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク