中区・西区版 掲載号:2017年9月7日号
  • googleplus
  • LINE

デフリンピック2017サムスン大会で日本選手団の主将を務めた 早瀨 久美さん 西区戸部本町在住 42歳

日の丸背負い世界で躍動

 ○…4年に一度開かれる、聴覚障害者の国際スポーツ大会「デフリンピック」。今年7月に行われたトルコ・サムスン大会は、自身2度目の出場となる大会。日本選手団の主将という重責を担いながらも、ロードレースで5位入賞、マウンテンバイク競技で2大会連続の銅メダルに輝いた。ともに出場し「専属コーチのような存在」と評する夫の憲太郎さんと、8月末には西区役所を表敬訪問。地元の自治会からはメダル獲得の2日後に、大きな垂れ幕が贈られた。

 ○…生まれつきの重度聴覚障害がある。競技を始めたのは2009年。夫が主宰する聴覚障害者の塾の教え子が出場したデフリンピックを観戦し「夢を追いかけるのに年は関係ない」と、趣味で楽しんでいた自転車を、夫婦で本格的に競技として取り組んだ。ほぼ毎日練習に取り組み、年間30試合ほど実業団のレースに出場し腕を磨いてきた。

 ○…日本選手団の主将を言い渡されたのは春先。実はその直前、レース中の怪我で左手を骨折。精神的につらい時期での任命に一瞬戸惑ったが「自分だけでなく日本選手団の主将として責任を持たなければならない。悩んでいる場合じゃない」と即答で引き受けた。主将として胸にあったのが「自分たちは耳が聞こえない人達の代表ではなく、日本国民を代表してデフリンピックで世界を相手に闘っていくんだ」という想い。大会中は各場面であいさつやメディア取材に立ち、開会式では選手団の先頭で入場行進した。

 ○…聴覚障害者としては日本人初の薬剤師免許取得者としても知られる。現在は昭和大学病院の院内薬剤師として調剤業務に従事。またドーピングの専門家「スポーツファーマシスト」の資格を持ち、09年大会からデフ五輪日本選手団の医薬品管理を担当してきた。スポーツ医学の一人者として少しでも多くの選手に正しい認識を広めることも、今後の目標のひとつだ。

中区・西区版の人物風土記最新6件

上田 ますみさん

東日本大震災復興支援コンサート「ふるさとをあきらめない」の実行委員会代表を務める

上田 ますみさん

2月22日号

小松崎 啓子さん

浅間台小学校で育つ夏みかんを使い、児童とのマーマレード作りを20年続ける

小松崎 啓子さん

2月15日号

藤田 善宏さん

関内ホール自主公演『ライトな兄弟』の作・演出・振付で文化庁芸術祭新人賞を受賞した

藤田 善宏さん

2月8日号

栗原 清剛さん

浅間台小で行う環境学習が文部科学省から表彰された、(有)マルニ商店常務の

栗原 清剛さん

2月1日号

加瀬 泰さん

横浜市民ミュージカルの原作である短編映画『アクアの肖像』を手がけた

加瀬 泰さん

1月25日号

黒沢 博さん

初の主演映画『30年目の本気』が完成した、元ヒロシ&キーボーのヒロシこと

黒沢 博さん

1月18日号

桜木町駅前ホテル内のスイミング

ベビーから大人まで無料体験実施中!

http://www.breezbay-fit.co.jp

確定申告の季節です。

青色申告のことならなんでもお気軽に

http://www.yokohamaaoiro.com/

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク