中区・西区版 掲載号:2017年11月2日号
  • googleplus
  • LINE

本牧 気まぐれ歴史散歩 【5】 『明治の外国人リゾートビーチ八王子海岸』

本牧八王子海岸 波打ち際が現在の本牧車庫・本牧南小学校あたり(天野洋一氏撮影横浜市八聖殿所蔵 昭和33年)
本牧八王子海岸 波打ち際が現在の本牧車庫・本牧南小学校あたり(天野洋一氏撮影横浜市八聖殿所蔵 昭和33年)

 本牧南小学校正門前に三角形の形をした公園があります。ここは昭和38(1963)年に本牧沿岸部が埋立されるまで、八王子海岸と呼ばれた自然豊かな砂浜でした。

 その名は、この海岸の後ろの崖の中腹に八王子権現社と呼ばれるお社があった(現在は本牧神社に合祀)ことに由来します。八王子とは牛頭(ごず)天王という神様の八人の子のことで、方除け・厄除けなどの祈願のため、各地で祀られている神様です。

 ここは本牧塙と呼ばれる半島の先端となる岬に位置し、海流で洗われ切り立った崖の先は、風向・海流の変化も激しく、荒洲と呼ばれる浅瀬もある海で、船が座礁しやすい難所でした。八王子権現社は、この地で暮らす漁師たちが、海での安全や大漁を祈願して祀ったお社でした。

 明治時代になると、風光明媚な本牧岬に位置する八王子海岸に多くの外国人が移り住むようになり、たくさんの洋館が建ちました。百数十年前から、ここは海水浴やボート遊び、バーベキューを楽しむ人々で賑わうリゾートビーチでした。今では三角形の公園と背後の崖、崖裏に残る洋館やお社の碑にその名残りを見ることができます。

 次回は、嘉永7(1854)年、ペリー来航時の本牧の様子をご紹介いたします。

(文・横浜市八聖殿館長 相澤竜次)
 

ドコモスマホ教室

体験会やメールの使い方など、分かりやすく説明します

https://www.nttdocomo.co.jp/support/shop/search/shop.html?id=0300306919200

<PR>

中区・西区版のコラム最新6件

『八聖殿 実は希少な建造物』

本牧 気まぐれ歴史散歩 【7】

『八聖殿 実は希少な建造物』

1月18日号

『ペリー艦隊と本牧』

本牧 気まぐれ歴史散歩 【6】

『ペリー艦隊と本牧』

12月14日号

ゆずの素めぐり

デビュー 祝 20周年

ゆずの素めぐり

12月7日号

ゆずの素めぐり

デビュー 祝 20周年

ゆずの素めぐり

11月30日号

ゆずの素めぐり

デビュー 祝 20周年

ゆずの素めぐり

11月16日号

『本牧の出洲幻の台場』

本牧 気まぐれ歴史散歩 【4】

『本牧の出洲幻の台場』

10月12日号

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク