中区・西区版 掲載号:2017年11月9日号
  • googleplus
  • LINE

ランドマークを借景に 老松中「星のフェスティバル」

教育

生徒や保護者の力作が校舎の窓に並んだ
生徒や保護者の力作が校舎の窓に並んだ
 西区の老松中学校(谷博章校長)で11月3日、文化祭の締めくくりとなる恒例の「星のフェスティバル」が開かれた。

 この催しは同校が40年以上前から続けている伝統行事。全クラスとPTAの各委員会、学区内の小学校4校(戸部・一本松・本町・東)が参加している。合唱コンクールの曲や学級目標などをテーマに、色つきセロハンなどを使ってステンドグラス作品を制作した。

 クラスや学校ごとに制作の意図を説明した後、シンデレラをモチーフにした寸劇のなかで生徒が文化祭のスローガンを叫ぶと、全てのステンドグラスが一斉に点灯。校舎の後ろにそびえるランドマークタワーの夜景と相まって、スマホを構えた保護者たちからは感嘆の声があがっていた。

ドコモスマホ教室

体験会やメールの使い方など、分かりやすく説明します

https://www.nttdocomo.co.jp/support/shop/search/shop.html?id=0300306919200

<PR>

中区・西区版のローカルニュース最新6件

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク