中区・西区版 掲載号:2017年11月30日号 エリアトップへ

大佛次郎記念館 中区と連携しミニ書評会 小学生8人が白熱

教育

掲載号:2017年11月30日号

  • LINE
  • hatena
記念館2階サロンで開かれた「ミニ・ビブリオバトル」
記念館2階サロンで開かれた「ミニ・ビブリオバトル」

 小学校高学年生を対象とした書評ゲーム「ミニ・ビブリオバトル」が11月25日、中区山手町の大佛次郎記念館で行われた。大佛生誕120年と中区制90周年を記念した企画で中区の学校を中心に8人が参加。チャンプ本には、唯一区外から参加した金那瑠くん(小5)=磯子区=紹介の『ラストサバイバル』(大久保開著)が選ばれた。

 ビブリオバトルとは、好きな本を紹介し、最後に参加者が自分以外の本で読みたい作品に投票して「チャンプ本」を決める書評ゲーム。大佛次郎記念館では、大佛が大の本好きだったことにちなみ2013年から年1回、書評ゲームを開催。小学生対象で参加人数も少数にしていることから名称に「ミニ」を付けている。

 今年は同記念館と中区がそれぞれ節目を迎えたことから連携。中区からは優勝トロフィーが提供された。

 今回参加したのは4年生が4人、5・6年生が各2人。制限時間3分すべてを使って本を紹介し5分の質疑応答というビブリオバトルの公式ルールにのっとる形で進められた。紹介されたのは偉人伝やエッセイ集、小説などで、海外も含めたいずれも児童向け書籍だった。

 優勝トロフィーを手にした金くんは「本は全般的に好き」と話し、母の朱美さんが今大会を紹介したところ二つ返事で参加を決めたという。チャンプ本に選ばれた『ラストサバイバル』は小学生による生き残りゲームを描いたもの。「ドキドキする内容が好き。表紙の絵に惹かれて買った」と金くん。「みんなの発表がすごかったのでチャンプ本に選ばれビックリ。来年も参加したい」と話していた。
 

優勝した金那瑠くん
優勝した金那瑠くん

中区・西区版のトップニュース最新6

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人手不足対策と連動

10月22日号

「力作」で防犯啓発

東久保町元交番

「力作」で防犯啓発 社会

閉鎖後も地域安全に一役

10月22日号

新聞広告が部門賞に

横浜市緑の協会

新聞広告が部門賞に 社会

動物のイラストを評価

10月22日号

西・中区ゆかりの4人も

横浜文化賞

西・中区ゆかりの4人も 文化

文化、芸術、スポーツで

10月15日号

子ども食堂、再開徐々に

子ども食堂、再開徐々に 社会

食品提供の団体も

10月15日号

シェアキッチンが開業

石川町1丁目

シェアキッチンが開業 社会

創業意欲に応える場に

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 9月16日22:33更新

  • 9月10日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク