中区・西区版 掲載号:2017年12月21日号 エリアトップへ

市政報告 子育て支援の充実、全力で 自民党市会議員 松本 研

掲載号:2017年12月21日号

  • LINE
  • hatena

待機児童は1877人

 横浜市における平成29年10月1日現在の保育所等待機児童数は、前年比で1486人増加し、1877人となりました。

 急増した要因は、厚生労働省が今年3月末に保育所等利用待機児童者数の調査にあたり、「育児休業中の方でも復職の意思がある場合には待機児童に含める」との定義の変更が行われたことによるものです。待機児童数の内、育児休業中で復職意思のある方が1419人含まれています。

利用調整で入所模索

 平成29年10月現在の保育所等の利用申請を行った方は、前年より2782人増の6万8544人で、希望通りに入所できた方は6万2627人でした。

 希望通りに入所できなかった保留児童5917人のうち利用調整などを行った結果、横浜保育室や一時保育などを利用された方が1467人、育児休暇を活用され復職の意思の無い方が482人、ご自身で子育てをしながら住宅で職を探している方が523人、第一希望の保育施設しか望んでいない方や利用可能な保育施設があるにも自己都合により利用されない方などが1568人です。残りの1877人が待機児童となり、これらの方々に対しても引き続き利用調整が行われることになります。

保育士の確保策も

 新学期の来年4月に向けて、11月末時点で認可保育所35カ所、幼保連携型認定こども園7カ所、小規模保育事業18カ所の整備などを進めています。また認可保育所等において381園では定員を超えて児童を入所させている一方、264園では定員割れが生じていることなどを勘案し、既存保育施設の有効活用、不足している保育士の確保策として保育士用宿舎の借り上げ経費助成や修学資金の貸付、潜在保育士の再就職に向けた支援策などに取り組むこととしています。

 国における保育料無償化などの動向により保育所等への入所希望の更なる増加も予想されますので、全力で子育て支援の充実に取り組んでいきたいと思います。

自民党横浜市会議員 松本研

宮川町2-44

TEL:045-261-2251

http://matsuken.hama1.jp/

中区・西区版の意見広告・議会報告最新6

ヨコハマの混乱に終止符を打つ!

意見広告

ヨコハマの混乱に終止符を打つ!

前神奈川県知事 参議院議員 松沢しげふみ

8月5日号

コロナ拡大防ぎ 経済再生へ

意見広告

コロナ拡大防ぎ 経済再生へ

林文子横浜市長に聞く

8月5日号

横浜市政に「3つのゼロ」を!

意見広告

横浜市政に「3つのゼロ」を!

横浜をコロナとカジノから守る会 山中竹春

8月5日号

対談 市民の声を聞く政治

意見広告

対談 市民の声を聞く政治

前防災担当大臣 おこのぎ八郎・衆議院議員 すが義偉

7月29日号

IRは本当にいけないの?

意見広告

IRは本当にいけないの?

横浜型IRの実現をめざす市民の会

7月29日号

林文子市長に聞く、横浜の課題

意見広告

林文子市長に聞く、横浜の課題

横浜市会議員 松本 研

7月29日号

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 9月2日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook