中区・西区版 掲載号:2018年1月4日号
  • googleplus
  • LINE

鷺竹クラブが初栄冠 少年野球の新人戦大会

スポーツ

優勝した鷺竹ナイン(同クラブ提供)
優勝した鷺竹ナイン(同クラブ提供)
 中区の鷺竹クラブ少年野球部(加藤広昭監督)が、昨年12月の第35回神奈川新聞社旗争奪後期新人戦大会(県少年野球交流協会主催)で初優勝。県内44チームの頂点に立った。

 同大会は小学5年生以下の選手を対象にした6回戦制のトーナメント大会。ノーシードで出場した鷺竹クラブは大量得点で勝ち上がり、決勝へと駒を進めた。

着実な野球で終始リード

 決勝の相手は川崎市の南加瀬越路少年野球部。試合は先行の鷺竹が2回に先制。途中、南加瀬にホームランを許したものの、鷺竹は内野安打やバント、相手の隙を突く走塁で着実に点数を重ね、リードを許さず。10対4で快勝し、初の栄冠に輝いた。

 加藤監督は「ベンチの選手たちも含め、一丸となって一戦必勝で挑んだ大会だった。選手達を褒めてあげたいです」と快挙を喜んだ。主将の三羽祐輝君(5年)は「まだまだ課題はあるが、チーム一丸となってつかんだ勝利を次の試合に生かしてがんばりたい」と更なる成長を口にした。

 また大会の最優秀選手には鷺竹クラブの田中悠太郎君(5年)が選出された。

ドコモスマホ教室

体験会やメールの使い方など、分かりやすく説明します

https://www.nttdocomo.co.jp/support/shop/search/shop.html?id=0300306919200

<PR>

中区・西区版のローカルニュース最新6件

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月11日号

お問い合わせ

外部リンク