中区・西区版 掲載号:2018年1月4日号
  • googleplus
  • LINE

中区長インタビュー 回遊性向上に注力 高齢者事故対策は急務

政治

 区制100周年に向けた1年目となる今年、中区の舵を取る竹前大区長に昨年の振り返りや今後の展望を聞いた。竹前区長は地域と人をつなぎ、回遊性を高め中区の魅力を向上させていく姿勢を示した。(聞き手/本紙・清田義知)

 ――昨年の振り返りを。

 「区制90周年、開港記念会館100周年の節目であり、その記念事業を開催することができました。区民の皆様をはじめ関係者に感謝しています」

 ――4月に着任、中区に対するイメージは。

 「中区在勤は40年近く。ある程度知っているつもりでしたが、商店街の活気ある取組などは新鮮で頼もしくもあります。地域で活動する人たちと触れ合うなかでますます『中区愛』が強くなるのを感じています」

 ――力を入れた施策や課題はいかがでしょう。

 「中区は魅力的な地域・人であふれています。地域・人をつなげていくことで魅力がさらに増すと思います。緑化フェアしかり、Y158しかり、地域と人をつないで回遊性を高めることが重要だと考えています。課題の一つとしては高齢者の交通事故があります。中区は11年連続で『高齢者交通事故多発地域』に指定されており、重く受けとめなければなりません。警察や地域と協力して自転車事故や道路の乱横断を防止するため具体策を検討します」

 ――2018年度の重点施策をおしえてください。

 「主に関内関外活性化、商店街振興、高齢者交通安全対策、多文化共生アクションプランの推進、介護予防や健康増進など福祉環境の改善があります。関内関外活性化においては大岡川の水上交通の検討も進めます。これは地域をつなぐ一つの要素になります。商店街活性化としては、中心地だけではない様々な商店街の取組の支援も大切。また、超高齢社会の地域共生をめざす市の包括ケア計画に基づく区行動指針を3月までに定めます。この取組は高齢者の安心安全につながり、地域づくりにとって大切だと考えています」

 ――区民へメッセージを。

 「安全・安心・笑顔。住んで良かったと思える中区になるよう区職員一丸となって区政に取組みます」

中区・西区版のトップニュース最新6件

1万4千戸「再生」へ

市営住宅

1万4千戸「再生」へ

1月11日号

「生たまご生プリン」に栄誉

山手のエリゼ光

「生たまご生プリン」に栄誉

1月11日号

活気あふれる街めざす

西区長インタビュー

活気あふれる街めざす

1月4日号

国際競争力強化を加速

MM21地区、開発9割に

「緊張と重圧の5年間」

菅官房長官インタビュー

「緊張と重圧の5年間」

12月21日号

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月11日号

お問い合わせ

外部リンク