中区・西区版 掲載号:2018年2月8日号
  • googleplus
  • LINE

3機関合同で初の震災訓練 西消防団、消防署、戸部警察

社会

要救助者役の人形を搬送する西消防団員と戸部警察署員(西消防署提供)
要救助者役の人形を搬送する西消防団員と戸部警察署員(西消防署提供)
 西消防団(矢部孝一団長)は1月28日、西消防署・戸部警察署の区内3機関合同の震災対策訓練を西消防署で実施した。西消防署によれば、消防団・消防署・警察による合同訓練は今回が初めて。

 こうした震災対策訓練は、以前から消防署と消防団では合同で行っていた。しかし実際の災害時は警察を含めた3機関が初期対応に当たることから、団体同士の連携の幅を広げようと警察との訓練を実施した。

 当日は消防団から43人、消防署から消防隊員など21人、戸部警察署員15人が参加。横浜市内で震度7の大規模地震が発生したという想定の下、指揮本部の運営や、警察署員や消防団員が連携して倒壊建物や事故車両からの救出訓練を行った。西消防団の矢部団長は「警察によるバールを使った救出活動など、災害時は常備機材が必ず使えるわけではないので参考になった」と振り返った。

中区・西区版のローカルニュース最新6件

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

30周年を記念し中区で公演

30周年を記念し中区で公演

舞台女優 永島さくらさん

5月26日~5月27日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月24日号

お問い合わせ

外部リンク